イラスト作品をNFTアートとしてブロックチェーン上に発行できる「NFT Studio」がリリース

ブロックチェーンゲーム、NFTサービスの開発を行うCryptoGamesは、イラスト作品をNFTアートとしてブロックチェーン上に発行できる「NFT Studio」を2021月3月22日にリリースをする。ブロックチェーンチェーンはpolygon(Matic Network)を採用を採用し、高騰するトランザクション手数料へ対策を行い、NFTはクレジットカードにて購入できるようになる予定。

adf-web-magazine-nft-studio

NFT Studioはイラスト作品をNFTアートとして 販売を行うことができるサービス。ブロックチェーンの特性を利用し、二次流通売買が行われた際、売買手数料の一部がクリエイターに永続的に還元される。なお、リリース時はNFTはクレジットカードのみ購入が可能となる予定。

手数料問題への対応: polygon

NFT Studioでは、高騰するトランザクション手数料(ガス代)の解決策として、Matic Network社が提供するL2ソリューション、polygonを採用する。polygonは、イーサリアムによって保護された安全でスケーラブルな即時トランザクションを実行することができ、ブロックチェーンサービス開発者のためのレイヤー2ソリューションとして急速に普及、現在70以上のDApps(分散型アプリケーション)が構築されている。polygon上でNFTの発行及び、決済を行うことが可能なため二次流通取引の活性化が期待される。

adf-web-magazine-nft-studio-1

NFTについて

NFT(Non-fungible token / 非代替性トークン)とは、唯一無二の「世界に1つだけのデータ」の価値を生み出せる代替不可能なトークン。2018年頃に登場し、ブロックチェーン技術を活用することでコピーできないデジタルデータを作成することができ、データの所有者は自由に二次流通を行うことができる。

adf-web-magazine-nft-studio-2

現在、主にブロックチェーンゲームや、クリプトアートにNFTが活用されているが、今後、様々なアセットがデジタル化していく中で、よりNFTが活用されていくことが予想される。特にNFTアート分野は、2021年初頭より数千万円でのNFTの販売が海外で話題となっており、現在注目されている分野。2021年3月、オークションハウス「クリスティーズ」で、BeepleのNFTアート作品が、6900万ドル(約75億円)で落札されたことが、世界中で話題となった。


pwa