ルイ・ヴィトン巡回展「SEE LV」が東京ミッドタウンにて開催

ルイ・ヴィトンが、巡回展「SEE LV」を六本木の東京ミッドタウン芝生広場にて2022年7月8日(金)から8月21日(日)まで開催する。メゾンの160余年におよぶ歴史を巡る旅へと誘う本展は、2020年に中国・武漢を皮切りにスタート。2021年に杭州、2022年にドバイに降り立った後、このたび4番目の寄港地となる東京での開催を迎えることとなった。メゾンのヘリテージ・コレクションから選りすぐりの歴史的アーカイヴの数々と最新のクリエーションを組み合わせ、没入型のデジタル体験を通して紹介する。

adf-web-magazine-see-lv-tokyo-midtown-1

ドバイ展からのイメージ ⒸLOUIS VUITTON

エキシビションを彩る5つの世界

5つのテーマで構成される本展では、コンテンポラリーなルックの類い稀なコレクション、20世紀初頭のトランク、メゾンとアーティストたちによるコラボレーション、アイコニックなレザーグッズなどが一堂に会する。

  1. ルイを見つけて
  2. ファッションの世界へ
  3. バッグが紡ぐストーリー
  4. 進化のギャラリー / 魔法が起きる舞台
  5. モノグラムを巡る

展示会概要

入口で来場者を迎えるのは、アーティスト レフィック・アナドールがAI(人工知能)技術を駆使して描いた若き日の創業者ルイ・ヴィトンのポートレート。そして、厳選されたウィメンズ & メンズのプレタポルテ・コレクションが、時を遡る手法で展示されている。シャルル・フレデリック・ウォルトがデザインした優美なロングドレスが1906年の歴史的トランクと共に展示され、メゾンとファッションとの長きにわたる結び付きを物語る。「スティーマー・バッグ」をはじめ、「スピーディ」、「ノエ」そして「ツイスト」にいたるルイ・ヴィトンの最も象徴的なバッグや、メゾンのアンバサダーを務めるアリシア・ヴィキャンデル、エマ・ストーン、岩田剛典、広瀬すずをはじめ、Kōki,、宮脇咲良、YUTA(NCT 127)など世界で活躍するセレブリティたちの写真が壁一面に展示され、来場者の目を釘付けにする。

次の展示ルームでは、アイコニックな「ワードローブ・トランク」から「スケートボード・トランク」、1920年代の「カー・トランク」や2020年代の「ルイ・ヴィトン 2054」コレクションのテントに変身するレインコートまで、ラゲージのタイポロジーの開発に大きく貢献したルイ・ヴィトン製品の数々が集結。また、メゾンを象徴するアイコニックな「モノグラム」をインタラクティブに体感できる展示ルームも用意している。

最後の展示ルームでは、愛書家としても知られるガストン-ルイ・ヴィトンの意志を受け継ぎ、「旅の真髄(こころ)」をテーマに、現在では100タイトル以上をラインナップするメゾンの書籍の世界が広がる。

adf-web-magazine-see-lv-tokyo-midtown-2

ドバイ展からのイメージ ⒸLOUIS VUITTON

会場内では、EXILE / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典が音声ガイドナビゲーターを務めるナレーションと共に展示を楽しむことができる。※来場者自身のスマートフォンにて会場内にあるQRコードを読み込み、持参のイヤホンやヘッドホンにて利用。

期間中は厳選されたルイ・ヴィトン製品を取扱う特別なギフトショップが東京ミッドタウン ガレリアB1 アトリウムにオープンする。

「SEE LV」展 開催概要

会期2022年7月8日(金)-8月21日(日)
会場東京ミッドタウン 芝生広場
時間11:00-20:00 最終入場19:30
入場無料(事前予約制:ルイ・ヴィトン LINE公式アカウントで6月29日(水)より受付開始予定)

pwa