ATELIER MUJI GINZAにて『Life in Art フィリップ・ワイズベッカー「HANDMADE ハンドメイド」展』開催

ATELIER MUJI GINZAにて、パリを拠点に活動するアーティスト、フィリップ・ワイズベッカーの展覧会『Life in Art フィリップ・ワイズベッカー「HANDMADE ハンドメイド」展』が2022年4月22日(金)から6月26日(日)まで開催される。本展のために描かれたペインティングや彼自身の手によるオブジェの新作も発表、販売される。adf-web-magazine-atelier-muji-philippe-weisbecker-handmade

良品計画では、衣食住において日常生活に必要なくらしの基本を店から提供するだけでなく、アート作品の販売や自社のプロモーションなどアーティストやクリエイターと協力しながら「感じ良いくらし」の探究を続けている。その中でもフィリップ・ワイズベッカーとはMUJI Forum des Halles(欧州旗艦店/フランス パリ)やイベントなどこれまで様々な企画でコラボレーションしてきた。このたび、日常芸術をテーマにアート(=文化)を広げるアートプロジェクトLife in Artにおいて、ふたたびフィリップとコラボレーションする。日常の身近なモチーフ、平面的でありながらも不思議な立体感のある独特なパース、淡くあたたかみのある線の表情など、自身の目線から生み出すドローイングで多くの人々を魅了してきたフィリップ。本展は身近な暮らしの中にあるものをモチーフに描いたドローイング作品や、本人が制作した生活の道具、アトリエで収録した映像で構成。自身の内面にある発想を自由に表現し生活環境を構築していく、そんな彼の生活美学の視点を感じることのできる展覧会となっている。

フィリップ・ワイズベッカーについて

1942 年、フランス生まれ。パリのフランス国立高等装飾美術学校を卒業し、1968 年にニュー ヨーク移住。アメリカの広告やエディトリアルのイラストレーションを数多く手がけながら、 アートワークも制作。2006年、フランスに帰国。日本との縁は深く、2000年にクリエイションギャラリーG8で初個展。2002年、アンスティチュ・フランセ日本が運営するアーティ スト・イン・レジデンスで京都のヴィラ九条山に4か月間滞在。2021年には公益財団法人 竹中大工道具館で個展を開催。東京オリンピック 2020の公式アートポスターも手がけた。現在はパリを拠点に活動し、欧米や日本で作品の発表を続けている。

『Life in Art フィリップ・ワイズベッカー「HANDMADE」展』開催概要

会期2022年4月22日(金)―6月26日(日)
時間11:00 - 21:00
会場ATELIER MUJI GINZA Gallery1・2
入場無料

pwa