バリアフリーと多言語で鑑賞できるオンライン型劇場「THEATRE for ALL」ローンチ

日本で初めて演劇・ダンス・映画・メディア芸術を対象に、日本語字幕、音声ガイド、手話通訳、多言語対応などを施したオンライン型劇場「THEATRE for ALL」が2021年2月に映像作品などの配信を開始する。

adf-web-magazine-theatre-for-all-1

THEATRE for ALLロゴ

「THEATRE for ALL」では、新型コロナウイルスで外出困難となった人、障害や疾患がある人、子ども、母語が日本語以外の人、芸術に対して「わからなさ」がバリアとなり馴染んでこなかった方などに対して、開かれた劇場を目指している。その人にとってのアクセシビリティを高め、オンライン上で“劇場”を体感し、アーティストと鑑賞者が対話できる場をつくることで、一人一人の日常、一つ一つの作品をもっと面白くする新たな可能性を育んでいく。また、鑑賞者の鑑賞体験をより豊かにし、日常にインスピレーションを与えるラーニングプログラムの開発にも力を入れている。2月から3月にかけてバリアフリー対応つきの映像作品約30作品、ラーニングプログラム約30本を配信予定。

adf-web-magazine-theatre-for-all-2

舞台イメージ 撮影:守屋友樹 提供:KYOTO EXPERIMENT事務局

さらに、オープンに先立ち、現在、様々なアクセシビリティに対してリサーチ活動を行う「THEATRE for ALL LAB」を立ち上げ、障害当事者やその他様々な立場の視聴者、支援団体などと連携しながら研究を重ねている。その成果や分析結果を「THEATRE for ALL LABマガジン」にて公開していくことで、次なる議論や問いを生み出し続けていく。

adf-web-magazine-theatre-for-all-3

ワークショップイメージ ©加藤和也

第一弾配信作品

adf-web-magazine-theatre-for-all-4

PARCOプロダクション「ボクの穴、彼の穴。The Enemy」 撮影:阿部章仁

adf-web-magazine-theatre-for-all-5

チェルフィッチュ×金氏徹平「消しゴム山」 撮影:守屋友樹 提供:KYOTO EXPERIMENT事務局

adf-web-magazine-theatre-for-all-6

SIDE CORE「ナイトウォーク」

adf-web-magazine-theatre-for-all-7

湯浅永麻 ©柘植伊佐夫

adf-web-magazine-theatre-for-all-8

西原孝至「もうろうをいきる」

「THEATRE for ALL」概要

開始日2021年2月5日(金)予定
料金無料・500円・1000円・1800円・3000円など
コンテンツ演劇、ダンス、映画、メディア芸術分野の動画配信
アクセシビリティ聴覚障害向け日本語字幕、多言語字幕、かんたん日本語字幕、視覚障害向け音声ガイド、日本手話、国際手話、その他THEATRE for ALL独自に制作するインクルーシブなガイドも予定
鑑賞方法配信作品ページより鑑賞したい作品のチケットを購入

pwa