それぞれの特別な「街の風景」が響き合う

adf-web-magazine-echo- kodama-return-landscape-1

「Echo こだま返る風景」会場風景 撮影:佐藤 基

東京都歴史文化財団は、東京都渋谷公園通りギャラリーにて2023年冬の企画展「アール・ブリュット ゼン&ナウ Vol.2「Echo こだま返る風景」を2023年1月21日(土)から4月9日(日)まで開催する。「アール・ブリュット ゼン&ナウ」は国内外のアール・ブリュットの動向において、長く活躍を続ける作家と近年発表の場を広げつつある作家を、さまざまな角度から紹介する展覧会シリーズ。2回目の開催となる本展では、建物や家が立ちならぶ街の風景を独自のまなざしで再構築する作家たちを紹介する。作家それぞれがまなざしてきた風景は、現実と想像の、近景と遠景の、自己と他者の、こちらとあちらとのあいだを反響し合うこだまのように人知れず広がりつづけている。本展が鑑賞者それぞれとこだまし、ときに騒めき、ときに静かに共鳴する特別な風景との出会いとなればという想いが込められる。

本展覧会の見どころ​

様々な視点によって表現された街の風景を展覧

上空から俯瞰するような構図や天地のない描き方、奇抜な色彩の建物群。本展で紹介する作家たちは、かれら自身が実際に見た景色やその記憶の断片から、または雑誌やテレビ、インターネットから選びとった画像を組み合わせ、それぞれにユニークな表象をつくり出す。街の風景という馴染み深いモチーフを6名の作家の異なる表現方法によって、比較しながら鑑賞することができる。

ドローイングブックを一枚一枚記録した映像の上映

無数の電柱とそれらを一つにつなぐ電線が描きこまれたドローイングブック(磯野貴之)や、建物が密度のある描きこみによって繰り返し描かれたドローイングブック(古久保憲満)を展示。これらの作品は展示中開いてみることができないため、全ページを記録した映像の上映を行い、映像を通して連続する作品にどのような景色が広がっているのかを見ることができる。

adf-web-magazine-echo- kodama-return-landscape-10

「Echo こだま返る風景」会場風景 撮影:佐藤 基

渋谷の街並みを感じながらの作品鑑賞

本展は外光の入る展示構成を組む。外に見える街並みや喧騒、匂いや空気感など、展示室と外の世界のつながりを感じながら鑑賞できるため、帰り道の景色が違って見えるかもしれない。adf-web-magazine-echo- kodama-return-landscape-12

資料スペースでアール・ブリュットに関する知識を深める

会期中、ギャラリー内の交流スペースがアール・ブリュットに関連する資料スペースとして開放される。資料スペースでは、出展作家達の制作や展示をサポートする施設の紹介パネルを通して制作の背景を知ることができるほか、「アール・ブリュット」に関連する書籍を閲覧することができる。

adf-web-magazine-echo- kodama-return-landscape-11

「Echo こだま返る風景」関連イベント 「資料スペース」会場風景 撮影:佐藤 基

出展作家プロフィール

磯野貴之(ISONO Takayuki)1997 ~

富山県生まれ。分厚く重量感のあるドローイングブックには、延べ4万2千本の電柱とそれらを一つにつなぐ無数の電線が描きこまれている。軽やかな描線と余白の対比によって静謐(せいひつ)な世界が広がっている。主な展示に、「日本のアール・ブリュットKOMOREBI展」(フランス国立現代芸術センター リュー・ユニック[フランス、ナント]、2017年)などがある。

adf-web-magazine-echo-kodama-return-landscape-4.jpg

磯野貴之《でんちゅうでんせん》2012-2013年 作家蔵 撮影・提供:特定非営利活動法人障害者アート支援工房COCOPELLI

古久保憲満(KOKUBO Norimitsu)1995 ~

滋賀県生まれ。小学生の頃より、近未来を思わせる都市風景を緻密に描きつづけている。記憶やインターネット上に氾濫するイメージを再編成し、密度のある描きこみを繰り返す。そこには、作者が構築した唯一無二の世界がある。「人間の才能 生みだすことと生きること」(滋賀県立美術館[滋賀]、2022年)のほか、国内外の美術館での展示歴と収蔵作品がある。

adf-web-magazine-echo- kodama-return-landscape-5

古久保憲満《無題》2001-2007年頃 作家蔵  撮影:大西暢夫 提供:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA

後藤拓也(GOTO Takuya)1987 ~

宮崎県生まれ。日向市にある「風舎とみたか」にて制作を行う。2013年頃から家を模したカラフルな立体作品を制作している。骨格から外壁、屋根にいたるまで紙を独自の技法で組み上げ、有機的でしなやかな建築物をつくり出す。主な展示に、「宮崎アーティストファイル『ギフト展』」(高鍋町美術館[宮崎]、2021年)などがある。

adf-web-magazine-echo- kodama-return-landscape-6

後藤拓也《いえ》2013-2021年 風舎とみたか蔵  撮影・提供:風舎とみたか

佐藤慶吾(SATO Keigo)1983 ~

千葉県生まれ。成田市にある「生活工房」にて制作を行う。カラーペンを使い、一視点の構図によって、細長い建物群を反復して描いている。単色やモザイク、グリッドといったさまざまな描き方を駆使し、ここではない遠く離れた場所を思わせる幻想的な眺めを生みだしている。主な展示に、「いえとまちのかたち」展(もうひとつの美術館[栃木]、2014年)などがある。

adf-web-magazine-echo- kodama-return-landscape-7

佐藤慶吾《ホテル》1998-2005年頃  NPO法人グループ彩 生活工房蔵 撮影・提供:NPO法人グループ彩 生活工房

辻勇二(TSUJI Yuji)1977 ~

愛知県生まれ。どこか既視感のある架空の街なみを黒い水性ペンのみで緻密に描く。上空から俯瞰する構図と迷いのない筆跡によって、屋根瓦や道路、線路などが立体的に浮き立つ。その景色は、独特なゆらぎと躍動感に満ちている。出展歴として、「アール・ブリュット ジャポネ展」(アル・サン・ピエール[フランス、パリ]、2010-11年)など国内外で多数ある。

adf-web-magazine-echo- kodama-return-landscape-2

辻勇二《心でのぞいた僕の街》2019年 作家蔵  提供:障害福祉サービス事業所 明日香

横溝さやか(YOKOMIZO Sayaka)1986 ~

神奈川県生まれ。平塚市にある「嬉々!!CREATIVE」に所属している。人間や動物、キャラクターといったさまざまな登場人物が街中に闊歩(かっぽ)する祝祭的で賑やかな風景を描く。創作した絵と物語をいくつもの声色によって演じる紙芝居の公演も行う。主な展示に、「ここから2-障害・感覚・共生を考える8日間」(国立新美術館[東京]、2018年)などがある。

adf-web-magazine-echo- kodama-return-landscape-8

横溝さやか《SHIBUYA2020》2017年  嬉々‼CREATIVE蔵 提供:嬉々‼CREATIVE

アール・ブリュット ゼン&ナウ Vol.2「Echo こだま返る風景」

会期2023年1月21日(土)から4月9日(日)まで
時間11:00~19:00
会場東京都渋谷公園通りギャラリー 展示室1、2
入場無料

pwa