都心の多様性に呼応した新しい空間は多くの「作品」として生まれ変わる

シド・リー・アーキテクチャーは、トロントのヨークビル地区にあるW・ワールドワイドの最新ホテルのオープンに向けて、ブルア通りのホテルの再生プロジェクトを発表した。Wトロントの新しい外観は、街の現在と歴史的遺産に由来するテーマに基づき、地元文化のショーケースとしての存在を示したいというバナーの意を反映している。

adf-web-magazine-sid-lee-architecture-2

Living Room
Photo credit: Brandon Barré

ストリートとのつながり

1階のファサードは通りに面しており、昼はホテルのカフェ、夜はカクテルバーとなるPUBLIC SCHOOLと直接つながるよう設計されている。ノッチ付きの黒大理石パネルで飾られたカジュアルな円形バーを中心に、ブロアストリートのデザイナーズショップの文脈に合うようなアクションが展開され、シックでありながら親しみやすい空間となっている。

adf-web-magazine-sid-lee-architecture-10

Facade
Photo credit: Brandon Barré

adf-web-magazine-sid-lee-architecture-20

PUBLIC SCHOOL Coffeehouse, Kitchen and Bar
Photo credit: Brandon Barré

adf-web-magazine-sid-lee-architecture-17

PUBLIC SCHOOL Coffeehouse, Kitchen and Bar
Photo credit: Brandon Barré

エントランスのデザインを一新し、トロント独自のストリートアート文化にインスパイアされた色鮮やかなアートの介入を統合することで、通りを内側に誘い込む。地元アーティストアラン・ガネフのサイン入り壁画は、ファッション地区の1km以上に及ぶストリートアートの回路である有名な「グラフィティ・アレイ」へと誘う。

adf-web-magazine-sid-lee-architecture-19

Entrance
Photo credit: Brandon Barré

躍動感あふれる空間演出

シド・リー・アーキテクチャーによるデザインは、トロントのシーンに映画のようなエントリーをもたらし、カナダ最大かつ最も多様な大都市の豊かな文化に呼応して、最新のホテル体験へと引き込んでいく。設計者は、建物の残忍主義的な質感をニュートラルなキャンバスとして使い、鮮やかな舞台装置でさまざまな空間を際立たせる。

adf-web-magazine-sid-lee-architecture-12

Meeting room
Photo credit: Brandon Barré

バイオフィリックデザインの要素は、コンクリートのミネラル感と一体化し、まるで建築環境の名残を自然が引き継いだかのようである。ホテル内を歩いていると、自然と常につながることができ、トロントの有名な渓谷が街を取り囲む都会の森を形成していることに思いを馳せることができる。

adf-web-magazine-sid-lee-architecture-1

Hotel corridor
Photo credit: Brandon Barré

「ザ・リビングルーム」

2階にあるレセプションエリアは、「ザ・リビングルーム」と呼ばれ、ガラスのキューブの中に収められている。都会的なオアシスとして都会から切り離された感覚を味わいつつ、その土地にちなんだものに囲まれた空間に対照的なアクセントとして、冬になると雪の到来とともに増幅される心地よさを提供している。

adf-web-magazine-sid-lee-architecture-11

Living Room
Photo credit: Brandon Barré

adf-web-magazine-sid-lee-architecture-18

Living Room
Photo credit: Brandon Barré

「ザ・リビングルーム」の中は、吊り下げられたグリッド、ベルベットのカーテン、映画のプロジェクターを模した照明が、まるで舞台裏にいるような印象を与える。劇場を思わせる色調と質感、小道具のような家具や美術品との組み合わせが、この舞台装置のような感覚を強調し、絶えず変化するこの限界空間のダイナミックな雰囲気を完成させ、トロントの盛んな演劇と映画シーンへのオマージュとして表現されている。

adf-web-magazine-sid-lee-architecture-16

Living Room
Photo credit: Brandon Barré

巨大なチューブをバランス的に配置することで空間の自然な流れを壊すことなくエリアを分割し、つながりやコラボレーションが生まれるゾーンの中でより親密な時間を創造する。また、屋上にはアーティストのカースティン・マクレアがデザインした水平の壁画があり、周囲の部屋に活気を与えている。

ゲストルーム

「ザ・リビングルーム」のガラスキューブを囲む庭園の周辺に位置するWトロントのゲストルームは、そのユニークなレイアウトに驚かされる。 通常のホテルの客室構成とは異なり、ベッドは窓の前に置かれ、温かみのあるカーテン、ペンダントライト、床と壁に広がる深いブルーのフレームで飾られている。

adf-web-magazine-sid-lee-architecture-7

Guestroom
Photo credit: Brandon Barré

しかし、視線をドアの方に移すと、ドレッシングルームのような洗面台の鏡や洋服掛けなど、普段は裏側にあるものが目に入り、視点が一変。その結果、都会での外出を彩る温かな集いの場として親しみやすい空間が生まれる。

adf-web-magazine-sid-lee-architecture-8

Guestroom
Photo credit: Brandon Barré

ルーフトップ・バー&レストラン「SKYLIGHT」

通りに面したエレベーターからアクセスできるルーフトップ・バー&レストランは、トロントの多文化性だけでなく、ヨークビル地区のヒッピー文化にもインスパイアされています。マシュラビヤのパンチングスクリーン、ハンギングプラント、カラフルな陶器、暖色系のインテリアが、「アラビアンナイト」の物語にふさわしい内装を作り出し、砂漠の暖かさとリアドの快適さが調和したリラックスした雰囲気の中で、ゆったりとした時間を過ごすことができる。

adf-web-magazine-sid-lee-architecture-4

SKYLIGHT Rooftop Bar and Restaurant
Photo credit: Brandon Barré

adf-web-magazine-sid-lee-architecture-15

SKYLIGHT Rooftop Bar and Restaurant
Photo credit: Brandon Barré

adf-web-magazine-sid-lee-architecture-14

SKYLIGHT Rooftop Bar and Restaurant
Photo credit: Brandon Barré

スイートルーム

広々としてエレガントな「Extreme WOWスイート」は、ホテルに息づく演劇的なテーマを極限まで追求したスイート。トロントの輝く劇場の幕をイメージした天井には電球の列が飾られ、アイスペールとしても使用できるホットタブや、豪華なディテール、レトロフューチャー的なアクセントが特徴である。華やかなパーティーを楽しめるように設計された広々としたリビングエリアも備えている。

adf-web-magazine-sid-lee-architecture-3

Suite
Photo credit: Brandon Barré

adf-web-magazine-sid-lee-architecture-6

Suite
Photo credit: Brandon Barré

adf-web-magazine-sid-lee-architecture-5

Suite
Photo credit: Brandon Barré

シド・リー・アーキテクチャーについて

シド・リー・アーキテクチャーは、シド・リー・クリエイティブ・エージェンシーの関連会社。1999年以来のビジネスパートナーである建築家・都市デザイナーのアラン・ガネフジャン・ペランとマーティン・ルブランによって設立された会社で、2人は都市計画、建築、インテリアデザインの分野から70名の専門家を擁する学際的なチームを率いている。2015年より博報堂DYホールディングスが設立したクリエイティブ企業の集合体「kyu」のメンバーとしても活動している。


pwa