Tiffany フラッグシップネクストドア オープン

Tiffany(ティファニー)のNYマンハッタンのフラッグシップ店舗である五番街727番地の店舗がリニューアルオープンをする2021年末頃まで、Tiffanyはイースト57丁目六番街に「Tiffany フラッグシップネクストドアTiffany Flagship Next Door」を2020年1月13日にオープン。本格的な店舗移転までの間、この57丁目六番街の「Tiffany フラッグシップネクストドア」がTiffanyのマンハッタン旗艦店となる。ガラスアクリルパネルなど光を通す材質で覆われた空間、アトリウムで開催された「ザ・メンズ・ホリデー・ポップアップ」で新しいスペースが公開された。

adf-web-magazine-tiffany-nyc-flagship-3

All photos courtesy of Tiffany & Co.

adf-web-magazine-tiffany-nyc-flagship-2

「Tiffany フラッグシップネクストドア」の全フロアのオープンに伴い、メインフロアでは、Tiffany T、Tiffany ペーパーフラワー®、Tiffany ビクトリア®、Tiffany キー、Tiffany ハードウェアなどのハイジュエリー・コレクションを展開する。2階はティファニーメンズコレクション専用のフロア、3階はラブ&エンゲージメント、4階はホーム&アクセサリーのフロアで構成されている。各フロアにはプライベートな空間で買い物を楽しむことができる個室が一部屋ずつ設置されているほか、フラッグシップストアに備わっていたVIPサロンも完備する。

「Tiffany フラッグシップネクストドア」の空間は、これまでと馴染みがありながらも、リフレッシュされた雰囲気となっている。アトリウムを中心に設計された店内スペースには、洒落た外観と、モダンなデザインが組み合わされている。五番街のTiffany 本店をインスピレーションとするニッケル素材のアールデコスタイルのケースと、ステンレスやコンクリート等のマテリアルが統合している。ウッドパネルから、フィーチャーウォールまで、慮外のデザインで象られたティファニーのブランドアイデンティティーが埋め込まれている。Tiffanyのクリエーティブ・ディレクターからチーフ・アーティスティック・オフィサーに就任したリード・クラッコフ(Reed Krakoff)は「この空間を真にユニークでダイナミックなビジュアルに仕上げたいと考えた」と語る。

adf-web-magazine-tiffany-nyc-flagship-1

adf-web-magazine-tiffany-nyc-flagship-main

Tiffanyは五番街フラッグシップのリニューアルオープンまでの2年間、定期的なインスタレーションやラグジュアリー・パートナーシップを通じて、「Tiffany フラッグシップネクストドア」のアトリウムを利用した広範に富む試みを展開する予定。