健康的なライフスタイルを推進し健康状態を向上

JGMAが設計したスペランサ・ヘルスセンターは、高品質のケアとウェルネスサービスの提供を通じて健康的なライフスタイルを促進し、健康状態を改善することを使命とする地域医療システム。予防と教育に重点を置き、サービスを受けていないコミュニティが直面する障害を克服するために、バイリンガルで文化的に多様なスタッフによってサービスが提供されている。

adf-web-magazine-esperanza-health-cente-12

Photo credit: Maria Monteagudo, JGMA

スペイン語で希望を意味する「エスペランサ」は、その名に恥じない活動を行っている。エスペランサは移住の有無、人種や民族、収入、保険加入の有無にかかわらず、地域住民が最適な健康状態を通じて潜在能力を最大限に発揮できるような世界を思い描き、クライアントのミッションとビジョンを具体化するもの。健康とは身体的、精神的なバランスの組み合わせであることを理解し、新しいエスペランサ・ヘルスセンターは、癒しと全体性のための空間づくりに重点を置いている。JGMAは、シカゴ南西部の地域に欠けている重要なサービスを提供する現代的なコミュニティヘルスセンターとして、完全バリアフリーのこの建物を設計。地域の専門医療機関や地域密着型の組織と連携することで、包括的な医療サービスが提供され、先進的なデザインによって周囲のコミュニティを魅了して団結させることができる。

adf-web-magazine-esperanza-health-cente-2

Photo credit: Maria Monteagudo, JGMA

adf-web-magazine-esperanza-health-cente-4

Photo credit: Focal Point

ブラウンフィールドの敷地は不屈のコンクリートスラブから屋外ウォーキングスペースやコミュニティガーデン、舗装された車両用地を備えた新しいクリニックに生まれ変わった。新しい建物では地域との交流が何よりも優先され、1階は典型的な内外の定義から解放されるように設計されている。公共広場、ロビー、敷地の境界線を曖昧にし、カラフルな広場は地域の人々を惹きつけると同時に訪問者の最終目的地までの道筋を示す役割を果たしている。また、ロビーは敷地の最も大きなコーナーに位置し、この施設の中心的で活気のある拠点となっている。

adf-web-magazine-esperanza-health-cente-11

Photo credit: David Ortega, JGMA

adf-web-magazine-esperanza-health-cente-7

Photo credit: Focal Point

adf-web-magazine-esperanza-health-cente-9

Photo credit: Focal Point

JGMAについて

JGMAは積極的なコミュニティへの参加と、空間と物質性の注意深くダイナミックな構成による人々の生活の充実に取り組む進歩的な建築・デザイン事務所。質の高いデザインには市民生活に影響を与え、コミュニティを変えるユニークな能力があると理解している。JGMAは建築の分野におけるイノベーターであると自負し、あらゆるデザイン機会に対して一貫してユニークな解決策を打ち出すことに専念している。JGMAの作品はコンセプト重視でありながら、設計、施工、入居のすべての段階において最高レベルの品質を誇る。


pwa