T3O5umAE7Bk

限界集落の「未来コンビニ」が、世界3大デザイン賞「レッド・ドット・デザイン・アワード」と建築アワード「ICONIC AWARDS 2021」を受賞

徳島県那賀郡那賀町木頭地区の地方創生に取り組むKITO DESIGN HOLDINGSグループが運営する「未来コンビニ」が、世界的なデザインアワードの2冠という栄誉に輝いた。世界3大デザイン賞の一つであるドイツのデザインアワード「レッド・ドット・デザイン・アワード」2021年のリテールデザイン部門で、最も優れた革新的なデザインに贈られる最優秀賞「ベスト・オブ・ザ・ベスト」賞を受賞。続いて、建築業界において国際的に権威あるドイツの建築デザインアワード「ICONIC AWARDS 2021:Innovative Architecture」建築部門「Winner」を受賞した。adf-web-magazine-mirai-combini-2adf-web-magazine-mirai-combini-3

「未来コンビニ」について

木頭地区(旧・木頭村)は徳島県と高知県の県境に位置し、人口約1,000人で65歳以上が人口の過半数を占める「限界集落」。この村は東西に大きく広がり、村の端から端まで移動するには車で30分以上を要するほど広大な地域である。未来コンビニは、この広大な村の最西端、居住人口がたった約200人の「北川集落」と呼ばれる地域に建築された。北川集落には商店が無く、最寄りのスーパーまでも車で約1時間かかるなど、生活必需品の買い物が非常に不便な環境下から、いわゆる「買い物難民」が生まれていた。adf-web-magazine-mirai-combini-9

未来コンビニは、地元の人々の買い物環境改善を目指すと同時に、この地で生まれ育った子供たちが多様な人生や感性に触れ合い未来への刺激を受けられる場となるように、との想いから「未来コンビニ」と名付けられ、2020年4月に誕生。この僻地にコンビニという施設を新たに建築し、通り道にすぎなかった場所を「訪れるべき場所」に生まれ変わらせ、訪れる全ての人と地域とを繋ぎ、木頭の未来を紡ぐ。この未来コンビニの取り組みは、過疎化・高齢化など地方が抱える課題に対する、木頭プロジェクトのとしての大きな挑戦の一つだった。adf-web-magazine-mirai-combini-7

未来コンビニの建築デザインについて

「世界一美しいコンビニ」をコンセプトにデザインされた未来コンビニのある木頭地区は、西日本第二位の標高を誇る剣山をはじめ標高1,000mを超える山々に囲まれ、その自然の豊かさから別名「四国のチベット」とも呼ばれている。また、柚子の原生林が多数存在し、日本で初めて柚子の接ぎ木に成功し柚子栽培を全国に広めた地でもあり、特産品「木頭ゆず」の品質の高さは国内外で高く評価されている。adf-web-magazine-mirai-combini-8

この木頭の「自然との共生」が、未来コンビニのデザインテーマのひとつである。デザインの軸となるY字のトラス構造は、木頭の特産である柚子畑をイメージして設計され、明るいイエローに塗り分けられた。道路に面した壁一面をガラス張りにし、店舗の外には、経年変化を楽しめる国産の松の木の素材でできた水はけの良いウッドチップを敷き詰めることで、雨の多い木頭の美しい自然との一体感を店内からも感じられる設計となっている。adf-web-magazine-mirai-combini-5
また、子供たちへの目線も設計に反映。店内の陳列棚は、子供たちや地元の高齢者の方が商品を手に取りやすいようにと一般のコンビニよりも低めに設計され、これにより解放感のある空間を実現している。店内奥は「木頭ゆず」のオリジナルメニューを体験できるカフェスペースや、子どもたちが様々な絵本や美しい木頭の映像を楽しめるエリアとして設計され、人々が気軽に集まれる交流の場として地元住民や観光客に愛されるとともに、木頭のアイコン的存在となっている。

 

adf-web-magazine-mirai-combini-6

「未来コンビニ」概要

住所〒771-6512 徳島県那賀郡那賀町木頭北川いも志屋敷11-1
面積駐車場含む延べ面積495㎡
建物床面積建物床面積187.30㎡
クリエイティブディレクション鵜野澤啓祐
建築・インテリアデザイン株式会社コクヨ、GEN設計
施工北岡組
ウェブサイトhttps://mirai-cvs.jp/

pwa