成都に「中国・イタリア文化交流都市レセプションセンター」が完成

中国とイタリアの文化交流の始まりとその中心をなしてきた成都に、両国のスタイルを融合した「中国・イタリア文化交流都市レセプションセンター」が北京を本拠とする建築インテリアデザインスタジオのaoeによって建築された。建物の構造はその周辺と融合し、森の中に隠されたアートホールのようになっている。

adf-web-magazine-sino-italian-cultural-exchange-city-reception-1.jpg

aerial view
Photo credit : Arch-exist Photography

成都は豊かな土地として評価され、4,500年の文明の歴史と2,300年の都市建設の歴史がある。 13世紀にマルコポーロが成都を訪問した際、回廊橋や金江川、古代四川省の布などが、彼の旅行記の中で最もカラフルな部分になったと言われている。21世紀には、一帯一路構想を背景に、成都天府文化創造都市の企画が始まり、都市の重要な一部として、両国間の文化交流と文明交流のためのプラットフォームとしての「中国・イタリア文化交流都市レセプションセンター」の建設が計画された。場所は成都の中心から約36キロメートルに位置し、17,815平方メートルの面積をカバーし、建設面積は2,107平方メートル、展示ホールのプラットホームには、東側にクリエイティブグループプロジェクトとヤンキ湿地の自然景観が広がる。

adf-web-magazine-sino-italian-cultural-exchange-city-reception-7.jpg

Photo credit : Arch-exist Photography

全体的なデザインコンセプトは、古代から中国で外国大使への贈り物として使用されてきた「ruyi」から取られ、友好関係の締結と両国の平和を象徴している。パビリオンは、イタリアの最も代表的な広場からデザインのインスピレーションを得て、親密で心地よいスケールのアーバンアートのリビングルームを形作っている。デザイン要素は古代ローマのアーチとドームから抽出され、複数の円形の正方形の滑らかな囲いは、展示会、会議、レセプション、ケータリングなど、用途の広いスペースの使用を形成している。

adf-web-magazine-sino-italian-cultural-exchange-city-reception-9.jpg

living room
Photo credit : Arch-exist Photography

すべての壁に白を使用し、日光の下で建物に異なる3次元の光の効果を与えつつ、ガラスの広い領域は屋内空間を外部に拡張し、屋外の風景を完全にマッピングして、ダイナミックな四季の壁画に仕立てあげている。壁の素材を変えることで、デザイナーは内外の空間を演出し、パビリオンは周囲の自然環境に完全に溶け込んでいる。

adf-web-magazine-sino-italian-cultural-exchange-city-reception-3.jpg

Central hall
Photo credit : Arch-exist Photography

adf-web-magazine-sino-italian-cultural-exchange-city-reception-8.jpg

Photo credit : Arch-exist Photography

adf-web-magazine-sino-italian-cultural-exchange-city-reception-5.jpg

Rome piazza
Photo credit : Arch-exist Photography

建築と自然の調和は、天然資源の利用と自然環境の保護にある。両側のパビリオンは、光が屋内と屋外のスペースに均等に拡散するように、上部照明で設計されている。さらに、マルチレベルの屋外緑の導入と、建物に空気の流れを導くための浮力のある換気装置を採用。光、風景、風の自然要素が有機的に組み合わされ、人々が建物の中で、周囲の自然環境を認識して共存できるようになっている。一方、建物の設計は、既存の生態環境を尊重し、Low-Eガラス、地元の木材、屋上緑化などの材料と手段を使用し、建物のエネルギー消費を削減、持続可能な建設を実現している。展示ホールは、周囲の生態系の森をつなぎ、統合するための重要な部分として機能している。柔軟なスペースが確保されたスペースプランニングに関しては、建物の高さがずらされていることで、利用者がさまざまな高さに立って異なる風景を見ることができ、「森の中を歩く」ようなムードを体験することができる。建物の内部は、大きさの異なる10枚の円形の壁で形作られた流れるような空間であり、地形に応じて3つの高さに分割され、玄関ホールから内部空間まで段階的に上昇し、2つの円形の天窓がある。丸い頑丈な壁を除いて、内外の境界はすべてガラスであり、屋外の風景を内面に取り入れ、展示の一部として自然の風景を、額装された風景として取り入れている。

adf-web-magazine-sino-italian-cultural-exchange-city-reception-2-1.jpg

aerial view
Photo credit : Arch-exist Photography

円形の空間は、屋内と屋外広場の2つの空間形式で構成されている。 屋外半円形広場は、入り口の噴水広場、イタリアの広場、屋外劇場として定義され、それぞれが典型的なイタリアの都会の広場の空間を再現している。屋内円形スペースは、中央展示ホールの周りに配置された会議ホール、多機能ホール、マルチメディアショールームとして設計されている。円形の壁の開口部のサイズを制御することにより、会議室が水の特徴や彫刻に囲まれている空間の明暗が定義される。他、屋外にある5つの半円形の壁は、自然に面した緑と山に囲まれている。東側の中国文化ホールへは、文化回廊と、池の上の中国の白い翡翠の舗装の二つの小道がある。これらは、東西を結ぶ陸路と水路の2つのシルクロードを象徴している。

aoeについて

aoeは、中国・北京に本社を置き、科学的な正確さと創造的な革新性をバランスよく兼ね備えたデザイナーチームを擁する。国際的なバックグラウンドで構成されたチームは、綿密な調査に基づいて現代の都市生活にソリューションを提供する。aoeが手がけるビジネスには、商業施設、複合施設、文化施設、オフィス、ホテル、高級住宅、教育、企画、インテリアデザインなど、中国で20以上の省と都市をカバーしており、それぞれのデザインプロジェクトはオーナーの評価も高く、社会的にも良い影響を与えている。洞察力に満ち、マーケットに対応したデザインは、総合的に優れたサービスの証しである。急速に発展する現代において、aoeは21世紀の都市における人間生活に対するビジョンを持った進歩の手段を提供する。 


pwa