どんぐりから苗木を育てるセットで誰もが山づくりに参加できる「戻り苗」

土砂災害による人的被害をゼロにすることをビジョンに掲げ、森林活用や木育、木材製品の開発を行なっているソマノベースが、林業で使用される樹種を育て、苗木として山に返すことができる新しいカタチの観葉植物「戻り苗」の販売を開始した。これは購入者が、どんぐりから苗木を育てるセットを使って育てた苗木を同社が引き取り、山へ植林するもので、山と人、そして人と人が木によって繋がることで木を伐って植える循環によって整った災害リスクの低い山づくりを目指す。

adf-web-magazine-somanobase-modorinae-1.jpg

MODRINAE

「戻り苗」について

adf-web-magazine-somanobase-modorinae-2.jpg

MODRINAE

戻り苗に入っているのは、どんぐり、木鉢、コンテナ、土、栄養剤など...どれも、家庭やオフィス、教育現場などの室内で元気に育つよう、樹木医のアドバイスをもとに選定された。国産ヒノキで作った木鉢は、香りと手触りを楽しめるよう、和歌山県田辺市の職人が一つ一つ手で作っている。育てる期間は約2年間。その後、苗木が植林される和歌山県の木材を使用した製品を購入することもできる。 商品はONLINE STOREで購入できる。

adf-web-magazine-somanobase-modorinae-3.jpg

MODRINAE

adf-web-magazine-somanobase-modorinae-5.jpg

国産ヒノキで作った木鉢

誰もが山づくりに参加できる、新しいカタチ

adf-web-magazine-somanobase-modorinae-4.jpg

MODRINAE

ソマノベースの原点にあるのは、2011年に起こった「紀伊半島大水害」。代表奥川はこの水害で被災し、土砂災害により大切な人や町を失った。以来長年模索を続け、見つけた防災が土砂災害と「山づくり」の関係。自然の力で土砂災害のリスクを下げる役割を担う「木」。根は山の表面の土を掴み土砂の流出を防ぎ、幹は水分を溜め込んで、川に大量の水が流れ込むことを防ぐ。一方で、木材価格の低下や人手不足などの多くの課題から、「植林」にお金が割けず、伐採した後も新しい苗木が植えられない山が増えている。そうした山は災害リスクが比較的高く、危険な状態にあるとも言える。木を適切に使い、また植える、その循環を守ることは災害リスクの低い山をつくる上で大切なこと。戻り苗は、どこにいても、どんな人でも、苗木の生産に関わることができ、この循環に寄与できる。


pwa