NYで活躍中の日本人デザイナーが手掛ける、伝統技法「寄木」をモチーフにした無垢のスツールが日本初上陸

ニューヨーク・ブルックリンを拠点に精力的な活動をおこなうプロダクトデザイナー伊藤吉哲は、2020年6月15日(月)より、自身の手がけるアート性の高いラグジュアリー家具および家庭雑貨を扱うブランドTAMENからYosegiスツールの国内販売を開始する。

adf-web-magazine-yosegi-9

伊藤吉哲は、ブルックリンの有名スタジオでデザインの研鑽を重ね、自身のブランドを設立し、現代のアートシーンを牽引するニューヨークの中でも特に勢いのある地区であるブルックリンをベースに活躍するプロダクトデザイナー。玩具デザインを手掛けるアメリカの有名スタジオにて7年間研鑽を積んだ後、自身のブランドYoshi, Incを設立。独立後は、玩具デザイン以外に活動の場を広げ、ラグジュアリー家具およびインテリアのブランドTAMENを立ち上げた。

TAMENで発表している主力商品の1つが、Yosegiスツール。その名の通り、複数の木材を寄せ集め一つの物を作り出す日本の伝統技法「寄木」を用いて作り上げた椅子となる。日本の伝統技術と最新の技術の融合により実現した作品は高く評価され、2018年から19年にかけ、イタリアの国際的なデザインコンペティション、A’ Deisgn Award(エーダッシュ・デザインアワード)、ドイツのGerman Design Award(ジャーマン・デザインアワード)などのデザインアワードで受賞。

adf-web-magazine-yosegi-13

adf-web-magazine-yosegi-12

adf-web-magazine-yosegi-11

adf-web-magazine-yosegi-5

adf-web-magazine-yosegi-3

adf-web-magazine-yosegi-2

「継ぎ手工法」にインスパイアされ、職人技で0.3ミリ単位の精密加工を実現

Yosegiスツールの素材は、ヒノキとニヤトーの無垢材。こだわりは、二脚を重ねた際の継ぎ目部分。参考にしたのは、日本の伝統的建築技法である「継手工法」。重ねやすく、なおかつ外れやすくなるように、十数回にわたり試作品の微調整を繰り返した。試行錯誤の結果、0.3ミリ単位の精密かつ正確な加工を施し実現。日本の職人の高い技術が光る作品となる。

これまでYosegiスツールは、本拠地であるアメリカでは、サザビーズホームなど一部の高級家具・美術品を扱う店でのみの販売であったが、日本でも取り扱いを開始。ナチュラルな無垢材は、日本家屋にも現代的な邸宅にも自然に溶け込む。完全受注生産で定価は$2,500となる。

問い合わせ先

企業名:Yoshi, Inc.

担当者名:伊藤 吉哲

E-Mail:mail@yoshiakiito.com


pwa