『Winart』2023年秋号の巻頭特集は「ピノ・ノワールの新天地 ニュージーランド」

美術出版社は、『Winart(ワイナート)』2023年10月号を2023年9月5日(火)に発売。巻頭特集の「ピノ・ノワールの新天地 ニュージーランド」では、南島のピノ・ノワール2大産地であるセントラル・オタゴとノース・カンタベリーを取り上げ、現地取材にて12生産者を紹介。ほか、特別記事として、イタリアの人気ワイン産地、キアンティ・クラッシコ地区の最新情報が掲載。adf-web-magazine-winart-23-10-1

特集「ピノ・ノワールの新天地 ニュージーランド」

ワイン愛好家の中で根強い人気を誇る品種、ピノ・ノワール。ピノ・ノワール ワインの銘醸地として有名なのはフランス・ブルゴーニュですが、ポスト・ブルゴーニュともいうべき、高品質かつエレガント、凝縮感あふれるピノ・ノワールのワインを生み出す産地として「ニュージーランド」注目を集める。ニュージーランドを代表するワイン用ブドウ品種といえば、ソーヴィニヨン・ブランとピノ・ノワール。今特集ではとくにピノ・ノワールに焦点を当て、南島最大のピノ・ノワール産地であるセントラル・オタゴを中心に、ノース・カンタベリーも取り上げている。adf-web-magazine-winart-23-10-2

adf-web-magazine-winart-23-10-3セントラル・オタゴの玄関口となるクイーンズタウンへは、日本からの直行便が就航しているオークランドから、約2時間の空の旅。セントラル・オタゴはニュージーランド最南端かつ世界最南端のワイン産地のひとつで、ダンスタン湖周辺の4つのサブリージョンを含む、7つのサブリージョンで構成されている。代表的8生産者への取材を通し、テロワールの特性やセントラル・オタゴならではのピノ・ノワールのワインの特徴を解説する。一方、ノース・カンタベリーはクライスト・チャーチを北上したところに広がる産地で、セントラル・オタゴで造られるピノ・ノワールとは、また趣が異なるワインが造られています。4生産者のワインから、セントラル・オタゴとの違いをみていく。adf-web-magazine-winart-23-10-4adf-web-magazine-winart-23-10-5

特別記事「キアンティ・クラッシコ 新時代の幕開け」

イタリア・トスカーナ州の銘醸ワイン産地、キアンティ・クラッシコ地区。2023年7月に、念願のUGA(追加地理地区)として正式に認められ、話題になる。このUGAでは、キアンティ・クラッシコの生産地を11の地区に分割。今後、各地区のテロワールの個性を明確に表現したワインが造られることで、より銘醸地としての差別化が図られ、また生産者の意識の高まりとともに、品質のさらなる向上が期待される。制定間もないキアンティ・クラッシコにて全11地区を現地取材。各地区の生産者取材から、それぞれの特徴を掲載。adf-web-magazine-winart-23-10-6

『Winart』

1998年12月創刊のワイン専門誌。食やお酒にこだわる本格指向の人々へ、ワインを中心とした豊かなライフスタイルを提案。定評のある美しく洗練されたビジュアルで、“ワインのいま”を知る、旬な情報を発信する。

『Winart(ワイナート) 2023年秋 114号』雑誌情報

価格1,800 円+税
発売2023年9月5日(火)
仕様152ページ、 A4
購入https://onl.sc/k7qaqWj

pwa