ソニーデザインコンサルティングとデロイトアナリティクスが共同で「デザイン」の認知プロセスの解明とその応用に関する研究を開始

ソニーデザインコンサルティングは、デロイトトーマツグループのデロイト アナリティクスと共同で、「デザイン」の認知プロセスに関する研究を開始する。

adf-web-magazine-sony-deloitte-design-consulting-1.jpg

ソニーデザインコンサルティング×デロイト アナリティクス

日本では「意匠」を示すものとして使われることが多い「デザイン」という言葉だが、英語ではより広義の計画的行為を指すものとして定義されている。広義の「デザイン」の利用は、人々のコミュニケーションや異分野に渡るアイデアの結合を促進し、新しいビジネスやサービスを創出する有用なツールとして機能する可能性を秘めている一方で、感性的で抽象的な思考プロセスを含み、実態を正確に捉えて記述することに困難が生じる。このような課題の克服に向け、本共同研究においては、「デザイン」に関わる認知プロセスと脳神経基盤の解明、その応用を目的としている。

主な共同研究目的

  • デザインに関する認知プロセスの明確化
  • デザインに関する認知プロセスと脳神経基盤の解明とデータ化
  • デザイン支援システムの開発

「デザイン」の過程に含まれる様々なコミュニケーションやプレゼンテーションを研究対象とし、これらの一連の過程に関わる人の感性を、脳神経科学、実験心理学等で用いられる手法によりデータ化。そのデータの機械学習や数理モデルによる分析より得られた知見を利用し、デザイン支援システムを開発することも視野に入れた研究を実施する。なお、共同研究の成果発表は各種学会や、情報交換、意見収集などを目的にしたイベントを通して公開していく。

adf-web-magazine-sony-deloitte-design-consulting-2.jpg

Sony Design Consulting