横浜みなとみらい21地区に「ニッサン パビリオン」オープン

2020年8月1日より10月23日まで横浜みなとみらい21地区にオープンする「ニッサン パビリオン」は、同施設のコンセプトである「人間の可能性を拡張する」をキーワードに、技術のイノベーションを通じて日産が描く近未来の暮らしを、エンターテインメント、アート、メディアなど各種コンテンツ、インスタレーション制作で活躍するクリエイターの視点や解釈により具現化している。アーキセプトシティが企画・デザイン監修した。

adf-web-magazine-nissan-pavillion-1

新型クロスオーバーEV「日産アリア」の展示や同乗体験をはじめとするアトラクション、日産の技術や取り組みを題材にしたエンターテイメントなど、小さな子供から大人まで幅広い年齢層が楽しめる体験コンテンツをラインナップ。また、パビリオン内には日産が目指すエネルギーのエコシステム「Nissan Energy」を導入した「NISSAN CHAYA CAFE」も併設。地産地消にこだわって開発したオリジナルメニューやここでの体験も、アーキセプトシティの監修となる。

adf-web-magazine-nissan-pavillion-6

adf-web-magazine-nissan-pavillion-7

THE LIFE

家族や恋人をテーマに、「プロパイロット」をはじめとした先進運転支援技術が可能にする未来を描いた2本のショートムービーを上映。ストーリーの展開に合わせて照明の色が変化し、鑑賞する人をより深く作品に引き込む空間で鑑賞できる。

adf-web-magazine-nissan-pavillion-3

THE CITY

日産自動車が目指す、交通事故の無い社会。そして、クルマに乗っている時も乗っていない時も、クルマと街がより便利につながる社会。その双方の実現に必要なセンシング技術やクルマからエネルギーや情報が行き渡る様子をモチーフに、 ビジュアルデザインスタジオの WOW(www.w0w.co.jp)がデジタルインスタレーション作品に仕上った。フォトジェニックな空間に没入しながら、直感で作品とコミュニケーションできる。

adf-web-magazine-nissan-pavillion-4

THE THEATER

幅32m×高さ6mの4Kプロシジェクション大型スクリーンと、ソニーのハプティクス技術(触覚提示技術)による振動する床など、迫力の空間でクルマの先進技術を応用した3つのコンテンツを楽めるエンターテイメントショー。

adf-web-magazine-nissan-pavillion-2

ニッサン パビリオン概要

名称ニッサン パビリオン
会期2020年8月1日(土)~10月23日(金)
時間平日11:00~19:00
土日祝10:00~19:00
休日不定期
住所220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい 6-2-1
料金無料
URLwww.nissan.co.jp/BRAND/PAVILION/

pwa