第2期開講 次世代の表現を開拓する講師陣を迎え、VRとAR両輪のオンライン講義を展開

VR/AR/MRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を提供するPsychic VR Lab、パルコ、ロフトワークによる共同プロジェクト「NEWVIEW」は、2020年の活動を始動。活動第1弾として、Psychic VR Labが主催の、xR(VR/AR/MR)を総合芸術として学べる「NEWVIEW SCHOOL」の第2期を、2020年7月よりオンラインで開講することを発表し、受講生の募集を開始。

adf-web-magazine-newview-school

本スクールは、3次元空間での新たなクリエイティブ表現と体験のデザインを開拓する実験的プロジェクト/コミュニティ「NEWVIEW」の活動の一環として行う、次世代アーティストの発掘・育成のためのプログラム。グローバルに展開するファッション/カルチャー/アート分野のVRコンテンツアワードの「NEWVIEW AWARDS 」(2020年度は、後日詳細発表)とも連動し、新たな表現の開拓とコミュニティとしての拡がりを加速する。昨年実施した第1期(89名が応募、51名が受講)は、同じく昨年実施の「NEWVIEW AWARD 2019」にて受賞者2名および8名のファイナリストを輩出するなど、新たな才能の育成に寄与した。

第2期よりxRのアートスクールへとアップデート。オンライン化で全国から受講可能に。

「NEWVIEW SCHOOL」第2期のキャッチコピーは、“「体験のデザイン」としての総合芸術=xRを学ぶ。あたらしい表現の学校” 。VRにフォーカスした第1期から、第2期ではARをフィールドに加え、xRのアートスクールへとアップデートする。デジタル技術を果敢に取り入れた表現を続ける第一線のアーティストを講師陣に迎え、総合芸術的な側面のあるxR表現のための多様かつ本質的な考え方を学べるカリキュラムを用意する。また、講義はすべてオンライン化。第1期は東京・京都でしか受講できなかったが、全国から受講できるかたちとなる。制作ツールとして扱う「STYLY」と「Unity」の習得は、オンラインで事前履修できる環境を整え、スクールでは表現に特化したスキルの習得と作品制作に集中して取り組めるようになる。

adf-web-magazine-newview-school-1

事前のオンライン説明会を6/3開催

受講を検討されている方への事前の説明会を2020年6月3日(水)にオンラインで開催する。

URL:https://newview-school2020-info.peatix.com