「東アジア文化都市2022大分県」コア事業として開催

⼤分県別府市にてベルリンを拠点に国際的に活躍するアーティスト・塩⽥千春の展覧会が2022年8月5日(金)から10月16日(日)まで開催する。塩⽥千春は2015年に国際美術展「ヴェネチア・ビエンナーレ」(イタリア)の日本館代表に選出、2019年に森美術館 (東京) で開催された個展には、同館歴代2位の記録となる約66万人が来場するなど現在最も注目されているアーティストの1人。adf-web-magazine-cultural-city-2022-oita-1

本展は「東アジア文化都市2022大分県」のコア事業の1つとして開催。別府駅周辺の2つの場所がダイナミックで繊細な作品空間へと⽣まれ変わる。また、より深くその世界観を体験できるるよう、テライト会場での資料展⽰や⼩冊⼦の発⾏(会期中盤より販売予定)もおこなわれる。⽣と死、存在、記憶など⼈間の根源的な問いをテーマにした塩⽥千春の作品はその圧倒的な作品体験とともに私たちの感情を強く揺さぶり、この展覧会が多くの人にとって⽣きることの意味に向き合い、未来への希望を⾒つめる機会となることが望まれている。adf-web-magazine-cultural-city-2022-oita-3adf-web-magazine-cultural-city-2022-oita-4

塩⽥千春 / Chiharu Shiota

1972年、⼤阪府⽣まれ。ベルリン在住。⽣と死という⼈間の根源的な問題に向き合い、「⽣きることとは何か」「存在とは何か」を探求しつつ、その場所やものに宿る記憶といった不在の中の存在を⽷で紡ぐ⼤規模なインスタレーションを中⼼に、⽴体、写真、映像など多様な⼿法を⽤いた作品を制作。2008年、芸術選奨⽂部科学⼤⾂新⼈賞受賞。2015年には、第56回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展⽇本館代表に選ばれる。2019年、森美術館にて過去最⼤規模の個展『魂がふるえる』を開催。また、エスポー現代美術館(2021年)、ニュージーランド国⽴博物館テ・パパ・トンガレワ(2020年)、南オーストラリア美術館(2018年)、ヨークシャー彫刻公園(2018年)、⾼知県⽴美術館(2013年)、国⽴国際美術館(2008年) を含む世界各地の個展のほか、国際展などのグループ展にも多数参加。

巡る記憶

⼈間中⼼の⽣活から離れよう、と⼤地から湧き出る湯気を⾒て不意にそう思った。神社や教会など⼈々の祈りの場所も、戦争が起こる場所も、地球の引⼒や宇宙の⼤きなエネルギーによって作らされているだけなのかもしれない。別府の⼤地は、ものすごい⽣命⼒に溢れていた。
卸問屋だった場所では、まるで⼤地からの湯気が部屋の中まで湧き上がっているかのように⽩い⽷で空間が覆われている。その⽷をつたい、ポタポタと⽔が落ちては波紋ができて、⽔⾯は円を描いてだんだん影響されていく。流れる涙も、落ちる⽔道の⽔も、肩に降る冷たい⾬も、いつも⽣きている証拠だった。元中華料理屋では、⾚い⽷が店内を覆う。もう使われていないテーブルや椅⼦からは当時の店の様⼦がうかがえる。⽷が記憶を紡ぎ、不在となった部屋の記憶を呼び起こす。どちらの空間も、誰もいないのについさっきまで誰かがいたかのように不在の中の存在がある。この場所では⼈々の記憶が⽣きたまま湯気のように循環し続ける。

会場および作品プラン

adf-web-magazine-cultural-city-2022-oita-5

BEP.Lab (別府市北浜1-2-28 草本ビル2・3階)

小麦粉や砂糖などの食品を扱う卸問屋だった場所で、空間に編み込まれた⽩い⽷とそこから滴る⽔によって構成された、「循環」がテーマのインスタレーションを発表。また、本展のために制作されたドローイングや⾳を⽤いた作品なども展⽰

adf-web-magazine-cultural-city-2022-oita-6

新中華園ビル1階 (別府市元町5-7)

⼤規模な宴会場を有する中華料理屋だった場所で、円卓やイスなど、かつての記憶を宿す「モノ」と⾚いロープを⽤いたインスタレーションを発表

東アジア文化都市事業について

「アジア文化都市事業」は、日中韓3カ国において芸術文化による発展を目指す都市を各国が選定し、その都市の芸術文化をはじめ、伝統文化、生活文化など多彩な芸術文化イベント等を1年にわたって実施するもの。この事業を通じて芸術文化はもとより、産業や観光の振興にも取り組み、都市の文化的特徴を生かしながら都市の持続的な発展を推進する。日本ではこれまでに京都市、奈良市、金沢市などで開催されてきた。

2022年「東アジア文化都市事業」の開催地は大分県

今年の「東アジア文化都市事業」では、開催都市として日本は大分県、中国は済南市と温州市、韓国は慶州市が選出。大分県では、「県民総参加で「おおいた」の文化を発信し、東アジアとの交流によって新たな文化を切り拓く」を開催テーマとして、2022年5月22日(日)大分県別府市にて開幕式典が行われた。今後も11月の閉幕式典まで県内各地で様々な文化的イベントが催される。

塩⽥千春展『巡る記憶』開催概要

会期2022年8⽉5⽇(⾦)から10⽉16⽇(⽇)まで
時間11:00〜18:00(最終入場 17:30)
料金無料
会場大分県別府市中心市街地

pwa