ブルーボトルコーヒーの大阪初店舗「ブルーボトルコーヒー 梅田茶屋町」が2021年7月にオープン

Blue Bottle Coffee Japanが展開する「ブルーボトルコーヒー」の大阪初出店となる「ブルーボトルコーヒー 梅田茶屋町カフェ」が2021年7月下旬に、Gビル梅田01(アーバンテラス茶屋町)内にオープンする。

adf-web-magazine-blue-bottle-coffee-osaka-5 (2)

イメージパース

日本を代表する都市の一つである大阪に長年出店を希望していたブルーボトルコーヒーが満を持してオープンする大阪初店舗は、大阪の中心地である梅田エリアの、商業施設やオフィスに加えて、劇場や放送局など文化発信エリアとしても栄える茶屋町エリア。ブルーボトルが入る商業施設「Gビル梅田01(アーバンテラス茶屋町)」は、ファッション・飲食・サービス系テナントが入居する商業施設で、コンクリートやガラスが印象的な外観を有する、茶屋町エリアにおける象徴的な建物。店舗デザインは、豊富な国際経験を持ち圧倒的な美しさと強いインパクトを持った空間作りに定評があるI IN(アイ イン)が担当する。梅田茶屋町カフェでは、スペシャルティコーヒーをより深く楽しめる空間演出や、大阪のブランドとコラボレーションしたインスタレーションも予定している。

adf-web-magazine-blue-bottle-coffee-osaka-3

ラテアート イメージ画像

ブルーボトルコーヒーとは

ブルーボトルコーヒーは、2002年に創業者のジェームス・フリーマンによって、アメリカ・カリフォルニアで誕生。創業以来、デリシャスネス、ホスピタリティ、サステイナビリティを信念に掲げながら、おいしさを徹底的に追求したコーヒーを提供してきた。また、自社のロースタリーから焙煎したてのコーヒー豆を配送可能な地域にのみカフェをオープンすることで、おいしさのピークに合わせてエイジングしたコーヒー豆の販売を行っている。現在は、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ワシントン D.C.、ボストン、ソウル、香港、東京、横浜、京都、神戸で100店舗以上を展開している。


pwa