横浜・象の鼻テラスで「ニュー(ノーマル+クリエイティブ)ライフ」をテーマに、アートで創造的な公共空間の「過ごし方」のアイデアを募集

象の鼻テラスが推進するアートプロジェクト「FUTURESCAPE PROJECT(フューチャースケープ・プロジェクト)」の3回目の開催となる今年は、「ニュー(ノーマル+クリエイティブ)ライフ」をテーマにアイデアを募集。象の鼻テラスが掲げる過ごし方のヒント「FUTURESCAPEPROJECT 12カ条」に即して、創造的で楽しい公共空間の「過ごし方」を募る。adf-web-magazine-future-scape-project-2021-2

FUTURESCAPE PROJECTは、世界的課題となっている新型コロナ感染症との共存やSDGsの達成に貢献することを目指し、「食」「健康」「環境」「災害」「花と緑」「教育」の6分野にフォーカスをあて、公共空間を活用した社会実験事業や教育普及事業、国際交流事業などに取り組んでいる。

コロナ禍で日常は大きく変化し、自分自身の"暮らし方"を見つめ直す機会をもたらした。パラダイムシフトが起きた状況下においても創造的に、楽しく、変化を受け入れていくような、ニューライフのあり方を模索・提案する。

今回の公募では、象の鼻テラスが掲げる、新しい暮らしの12カ条に即して公共空間を活用する「過ごし方」のアイデアを募集する。展開場所は、象の鼻パーク、象の鼻テラス、日本大通り駅、仮想空間。選考の結果、実際に展示・実演されたアイデアの中から、ユニークなものを各審査員が選出し、表彰する。adf-web-magazine-future-scape-project-2021-1

FUTURESCAPE PROJECT 12カ条

  1. アートを飾る (教育)
  2. 花、植物を育てる (花と緑)
  3. 音楽を楽しむ、本を読む (教育)
  4. 自然の中で過ごす (災害)
  5. 大切に使い続ける (環境)
  6. 誰かを思いやる、助ける (教育)
  7. 省エネルギーで過ごす (環境)
  8. 食べるを考える (食)
  9. 身体を動かす (健康)
  10. 自分たちでつくってみる (災害・環境)
  11. 他者と対話する (教育)
  12. 自分のニュー(ノーマル+クリエイティブ)ライフを考えてみよう (全体)

応募期間

2021年6月30日(水)~7月31日(土)必着

募集内容

2021年10月2日(土)から10 月24日(日)に行われるFUTURESCAPE PROJECT 2021のコア期間の中で、自身の考えるニューライフを想像し表現する。

※FUTURESCAPE PROJECT 12カ条に即した「過ごし方」を提案。テーマは自身で選択。

※実施期間は10月2日・3日の2日間。2日間のうち、過ごす時間は自身で決める。

応募方法

指定の応募用紙に必要事項を記入の上、メールまたは郵送で送付。

会場について

  • 象の鼻パーク:全域 [屋外]
  • 象の鼻テラス:ウィンドウディスプレイスペース [屋内]
  • 日本大通り駅:三塔広場 [屋内]
  • 仮想空間(オンラインコンテンツ)
※屋外を選択したアイデアは、雨天の場合でも室内に移動することはできない。
※仮想空間を選択したアイデアは、その展開方法について主催者と協議の上、進める。

費用

出展料は無料。アイデア実現にかかる実施費用は自己負担。

表彰

「FUTURESCAPE PROJECT 2021」内で展示・実演された中から、ユニークなアイデアを各審査員が選出し、表彰。各審査員賞に選ばれたものには、賞金(作品制作謝金)を贈呈。

審査員(50音順)

  • 遠藤新(工学院大学建築学部まちづくり学科 教授)
  • 小泉雅生(建築家/小泉アトリエ/東京都立大学大学院教授)
  • 髙橋匡太(アーティスト)
  • 中山晴奈(アーティスト)
  • 信時正人(ヨコハマSDGsデザインセンター長)
  • 町田誠(横浜市立大学大学院客員教授)
  • 横浜高速鉄道株式会社
  • 横浜市文化観光局
  • 岡田勉(象の鼻テラス アートディレクター)

FUTURESCAPE PROJECT 2021 開催概要

会期2021年10月2日(土)~10 月24日(日)
時間(平日・日曜)10:00 ‐ 18:00 (金・土曜) 10:00 ‐20:00、コア期間:2021年10 月2 日(土) 10:00 ‐ 3 日(日) 20:00(34 時間)
会場象の鼻パーク、象の鼻テラス、みなとみらい線日本大通り駅 三塔広場
公式WEBhttps://bit.ly/3hD5iQW

pwa