「ヨコハマトリエンナーレ2020」開催

横浜トリエンナーレ組織委員会は、新型コロナウイルス感染症の状況を慎重に見極めながらヨコハマトリエンナーレ2020の準備を進めてきたが、緊急事態宣言解除を踏まえ、改めてヨコハマトリエンナーレ2020 「AFTERGLOW-光の破片をつかまえる」の開催を決定した。当初は2020年7月3日(金)からの開幕を予定していましたが、新型コロナウイルス感染症への十分な安全対策を講じるため、開幕を2週間延期して2020年7月17日(金)から10月11日(日)までの会期となる。

adf-web-magazine-yokohama-triennale-2020

ヨコハマトリエンナーレは、3年に一度開催される現代アートの国際展。 ヨコハマトリエンナーレ2020では、「AFTERGLOWー光の破片をつかまえる」と題し、 目まぐるしく変化する世界の中で、大切な光を自ら発見してつかみ取る力と、他者を排除することなく、共生のための道を探るすべについて共に考える。

本展を企画するのは、長年にわたって世界で活躍するインドの3人組アーティスト集団 「ラクス・メディア・コレクティヴ(Raqs Media Collective)」。日本で初めて作品を発表するアーティストをはじめ、本展のために新たに制作される作品やプロジェクトを多数紹介し、いま最も刺激に満ちた現代アートを楽しめる内容となっている。

adf-web-magazine-yokohama-triennale-2020-2 adf-web-magazine-yokohama-triennale-2020-1 adf-web-magazine-yokohama-triennale-2020-3

ヨコハマトリエンナーレ2020  概要

展覧会名ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」
会期2020年7月17日(金)~10月11日(日)※開場日数78日
休日毎週木曜日休場(7/23、8/13、10/8を除く)
会場横浜美術館、プロット48  
キュレーターラクス・メディア・コレクティヴ(Raqs Media Collective)
URLhttp://www.yokohamatriennale.jp

pwa