日本を代表するアートディレクター原研哉の仕事を徹底公開

日本を代表するアートディレクター、原研哉の仕事を徹底公開する『原研哉の仕事』が、2021年2月10日(水)に発売される。adf-web-magazine-hara-kenya-no-shigoto-1.jpg

1983年に日本デザインセンターに入社以来、30年以上にわたり日本のグラフィック業界を牽引してきた第一人者、原研哉。無印良品のアートディレクション、蔦屋書店、GINZA SIXのVI、JAPAN HOUSEの総合プロデュースなど、その活動は多岐にわたり、今もその領域を日本だけでなくグローバルに広げ続けている。adf-web-magazine-hara-kenya-no-shigoto-3

本書は、2019年7月刊行『デザインノートNO,86』原研哉の大特集が大好評につき、2019〜2020年の最新の仕事を約30ページ近く増補し書籍化した一冊。2019年〜2020年のさらにアップデートした原研哉の仕事を大公開する。現在、原がどんな活動をし、どこに向かっているのかを探るため密着取材を敢行、ここ10年の仕事を網羅しながら、原の仕事を全方向から見つめた。デザインの可能性が満ち溢れた、全てのデザイナーの参考となる必読の一冊。adf-web-magazine-hara-kenya-no-shigoto-4

原 研哉(はら・けんや) プロフィール

1958年生まれ。グラフィックデザイナー。日本デザインセンター代表取締役社長。武蔵野美術大学教授。世界各地を巡回し、広く影響を与えた「RE-DESIGN-日常の21世紀」展をはじめ、「HAPTIC」「SENSEWARE」「Ex-formation」など既存の価値観を更新するキーワードを擁する展覧会や教育活動を展開。また、長野オリンピックの開・閉会式プログラムや、愛知万博のプロモーションでは、深く日本文化に根ざしたデザインを実践した。2002年より無印良品のアートディレクターを務める。活動領域は極めて広いが、透明度を志向する仕事で、松屋銀座、森ビル、蔦屋書店、GINZA SIX、MIKIMOTOなどのVIを手掛ける。外務省「JAPAN HOUSE」では総合プロデューサーを務めた。2019年7月にWebサイト「低空飛行」を立ち上げ、個人の視点から、高解像度な日本紹介を始め、観光分野に新たなアプローチを試みている。著書『デザインのデザイン』(岩波書店、2003年)、『DESIGNING DE-SIGN』(Lars Müller Publishers, 2007)、『白』 (中央公論新社、2008年)、『日本のデザイン』(岩波新書、2011年)、『白百』(中央公論新社、2018年)など著書多数。adf-web-magazine-hara-kenya-no-shigoto-5

adf-web-magazine-hara-kenya-no-shigoto-6

『原研哉の仕事』概要

編者デザインノート編集部
仕様A4変判、144ページ
定価本体2,300円+税
発売日2021年2月10日(水)
ISBN978-4-416-52128-1
購入誠文堂新光社 書籍紹介ページ
問合せhttps://bit.ly/3tlr7II

pwa