渋谷スクランブルスクエアのSHIBUYA SKYにて現代アートチーム「目 [mé]」の企画展が開催

「渋谷スクランブルスクエア」の14階・45階・46階・屋上に位置する展望施設「SHIBUYA SKY」にて定期的に開催される本格的な企画展「SKY GALLERY EXHIBITION SERIES」の第5弾として、現代アートチーム「目 [mé]」の企画展が2023年1月13日(金)から3月24日(金)の期間に開催される。adf-web-magazine-shibuya-sky-gallery-exhibition-me-1

SKY GALLERY EXHIBITION SERIES vol.5「目 [mé]」

本展では、これまで展示空間と観客を含めた状況をつくることで空間を変容させ、現実の不確かさを人々に体験させてきた現代アートチーム「目 [mé]」が、自身の視点とSHIBUYA SKYの体験を掛け合わせることで、普段の景色から解放された、ただ物事のありのままを眺める体験をつくる。adf-web-magazine-shibuya-sky-gallery-exhibition-me-9

SHIBUYA SKYから眺める東京、渋谷、都市とそこを行き交う人々。毎日およそ決まったリズムで同じ横断歩道を渡り、車を走らせ、窓に明かりを灯し、膨大で無常な都市の運動自身として生活を営む「人」としての私たち。adf-web-magazine-shibuya-sky-gallery-exhibition-me-10

この世界の不確かさを見つめる「目 [mé]」の観点と、非日常から世界を眺めることを可能にするSHIBUYA SKYの視座を重ねることで、都市は一つの大きな運動体でありながら、その運動を担う私たちはそれぞれの固有の時を歩んでいるという世界の姿をただ、眺めることを促す。adf-web-magazine-shibuya-sky-gallery-exhibition-me-11

adf-web-magazine-shibuya-sky-gallery-exhibition-me-8

SHIBUYA SKY

「目 [mé]」プロフィール

adf-web-magazine-shibuya-sky-gallery-exhibition-me-2

現代アートユニット「目 [mé]」は、果てしなく不確かな現実世界を、私たちの実感に引き寄せようとする作品を展開している。手法やジャンルにはこだわらず、展示空間や観客を含めた状況、導線を重視。創作方法は、現在の中心メンバー(アーティスト荒神明香、ディレクター南川憲二、インストーラー増井宏文)の個々の特徴を活かしたチーム・クリエイションに取り組み、発想、判断、実現における連携の精度や、精神的な創作意識の共有を高める関係を模索しながら活動している。

SKY GALLERY EXHIBITION SERIES vol.5「目 [mé]」開催概要

会期2023年1月13日(金)~3月24日(金)
会場SHIBUYA SKY 46階「SKY GALLERY」
ティザーサイトhttps://bit.ly/3B2c4Jo
チケットチケット購入サイト

pwa