ペインティング、ドローイング、コラージュ、写真などで表現領域を切り開く大竹彩子の個展

パルコは、2020年9月4日(金)から9月22日(火)までの期間、ペインティング、ドローイング、コラージュ、写真と多彩な手法を組み合わせ、軽やかな視点の移動によって、コスミックで大胆な表現領域を切り開く大竹彩子の個展「SAIKO OTAKE EXHIBITION "GALAGALA"」を開催する。大きな反響を巻き起こした昨2019年の「COSMOS DISCO」(DIESEL ART GALLERY)から1年の制作期間を経て開催される本展は、大規模な新作個展となる。

adf-web-magazine-saiko-otake-exhibition-galagala

会場では、キャンバス作品のほか、エディション付きの写真作品などの新作を展示販売を行う。また、会場オリジナルTシャツなどのグッズや新作ZINEの即売なども行い、新作オブジェのインスタレーションも閲覧できる。

adf-web-magazine-saiko-otake-exhibition-galagala-2

adf-web-magazine-saiko-otake-exhibition-galagala-1

adf-web-magazine-saiko-otake-exhibition-galagala-3 adf-web-magazine-saiko-otake-exhibition-galagala-4

アーティストステートメント

GALAは宇宙であり、GALAは祝祭である。
無限の宇宙の美々しい断片に心掴まれるその瞬間、
私の“好奇心”が触れた色、形、音、匂いが魂と共に踊り出す。

突然の暗闇に放られた時、
貴方の記憶の隙間にこっそり入り込んだGALAGALAの断片が、
いつかぱちんと弾け、空っぽの気持ちを彩るよう祈りを込めて。

大竹彩子

大竹彩子 / SAIKO OTAKE プロフィール

1988年生まれ。2016年、ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン卒業。複眼的なパースペクティブから成る独自の作品世界を、ドリーイング、ペインティング、写真、コラージュなど、様々な技法で表現している。主な展覧会に、個展「EXUVIA」(2016 / ツルプラスリム[英国・ロンドン]、キズキプラスリム[シンガポール])、グループ展「dix vol.02」(2017年 / クワイエットノイズアーツアンドブレイク[東京・池ノ上])、グループ展「アウト(オブ)ドア」(2017年 / ザ・ノース・フェイス スタンダード二子玉川[東京]、ザ・ノースフェイス スタンダード京都[京都])、個展「VISUAL SAMPLING」(2018年 / アローン[台湾・台中])、個展「KINMEGINME」(2018年 / ギャラリー・アートアンリミテッド[東京・乃木坂])、グループ展「CNTEMPORARY CHIC In Fashion Illustration」(2018年 / 阪急うめだギャラリー[大阪])、個展「SAMPLING#09」(2019年 / ニューオルタナティブ[鹿児島]、ユニオンソーダ[福岡]、ワンだレン[宮崎]、パルプ[大阪])、グループ展「L’ATELIER」(ザ・コーナー[東京・原宿])、個展「COSMOS DISCO」(2019年 / ディーゼル・アート・ギャラリー[東京・渋谷])、個展「FINDER」(2019年 / ギャラリー・アートアンリミテッド)、グループ展「Out of Flora」(2019年 / ギャラリー・アートアンリミテッド)、グループ展「ELLE LOVERS ART」(2019年 / KASHIYAMA DAIKANYAMA[東京・代官山])など。

adf-web-magazine-saiko-otake-exhibition-galagala-5

SAIKO OTAKE EXHIBITION "GALAGALA" 概要

タイトルSAIKO OTAKE EXHIBITION "GALAGALA"
会期2020年9月4日(金)~9月22日(火)11:00~21:00
※入場は閉場の30分前まで
※最終日は18時閉場
※営業日時は感染症拡大防止の観点から変更の可能性あり
会場PARCO MUSEUM TOKYO(渋谷PARCO 4F)
東京都渋谷区宇田川町15-1
入場料一般500円 学生300円 小学生以下無料

pwa