地球上で繰り返される様々な形の繋がり・結び合う姿が主題

青山のギャラリー白紙にて、ペインター・彫刻家のMai Akashiによる個展「人々と結合」が2022年11月19日より開催した。地球上で繰り返される様々な形の繋がりである、人、もの、自然が互いに共存し、それぞれが結び合う姿を主題として制作を続けるMai Akashi。2020年のパンデミックによる人やものへの接触の制限時に感じた不憫なこと、また、淋しかったことの反面でそれを補おうとする人々の力強い姿を垣間見たことがきっかけとなり、“この経験を形にしよう” と制作を始めた。adf-web-magazine-maki-akashi-1

様々な形で寄り添い、抱き合いながら、生きる為に何かを補おうとする姿、よりよい居心地を願う気持ちが形になる。今回は初製作の大きめの立体作品、平面の作品も展示予定。おおらかな曲線に象られた作品群を真っ白な空間の中で観ることができる。

adf-web-magazine-maki-akashi-5

抱き寄せる

adf-web-magazine-maki-akashi-4

支え合う

Mai Akashi / Painter,Sculptor

1989年⽣まれ。愛知県出⾝。名古屋芸術⼤学美術科テキスタイル学科専攻。⼈、環境、もの、⾃然、あらゆる要素が互いに影響し、互いに影響を受ける構造に着眼する。2014年、愛知県にて個展、グループ展で活動した後、拠点を東京に移す。2020年より平⾯作品を拡張した⽴体作品の発表を開始。近年では⼈々の⽣活を具現化した作品を多く⼿掛けている。複数の個体が結合し⼀体となる構造、それらが互いに影響を受ける展⽰空間を特徴とする。

adf-web-magazine-maki-akashi-3

交わる

adf-web-magazine-maki-akashi-2

結び合う

Mai Akashi個展「人々と結合」開催概要

期間2022年11月19日(土)から11月27日(日)まで
会場白紙 / HAKUSHI
住所東京都渋谷区神宮前 5-36-6 ケーリーマンション 3F
時間12:00 ‒ 19:00

pwa