すみだ北斎美術館で特別展「THE北斎-富嶽三十六景と幻の絵巻-」が開催。人気の北斎作品100点が揃う

すみだ北斎美術館は、2021年7月20日(火)から9月26日(日)まで「THE北斎 ―冨嶽三十六景と幻の絵巻―」展を開催する。すみだ北斎美術館が所蔵する二大名品「冨嶽三十六景」シリーズと、当館開館記念展で約100年ぶりの再発見として話題となった幻の絵巻「隅田川両岸景色図巻」を中心に、人気の高い北斎作品約100点を一堂に展観する。今回はじめて「冨嶽三十六景 山下白雨」のバージョン違いを並べて展示、また北斎の錦絵「桜に鷹」等の版木を使用した火鉢を初公開するなど、見どころの多い展覧会となっている。

adf-web-magazine-sumida-hokusai-6

特別展「THE北斎 ―冨嶽三十六景と幻の絵巻―」

「冨嶽三十六景 山下白雨」摺りの状態が異なるものや変わり図の比較(前期展示)

初摺に近い「冨嶽三十六景 山下白雨」は、とくに右下の雷がシャープな線で鋭く表現されている。初公開する変わり図は、山裾に松林が加えられている。adf-web-magazine-sumida-hokusai-1

錦絵「桜に鷹」と、その版木を使用した火鉢を一緒に展示

錦絵「桜に鷹」の制作に使われたとみられるオリジナルの版木を使用した〈葛飾北斎「桜に鷹」ほか四面版木火鉢〉を、今回ともに展示する。どちらも本展が初公開となる資料。adf-web-magazine-sumida-hokusai-2

全長約7メートルの絵巻 「隅田川両岸景色図巻」

「隅田川両岸景色図巻」は約7mの北斎肉筆の巻物。約100年に及び行方不明だったが、2015年に墨田区が取得し、現在はすみだ北斎美術館で所蔵している。すみだ北斎美術館での展示は2016年以来5年ぶりとなる。前期・後期で巻替えを行い通期で展示する。adf-web-magazine-sumida-hokusai-5

『THE北斎 冨嶽三十六景ARTBOX』(講談社)

すみだ北斎美術館が所蔵する「冨嶽三十六景」全46図を紹介した『THE北斎 冨嶽三十六景ARTBOX』がすみだ北斎美術館ミュージアムショップをはじめ、全国書店で販売中。adf-web-magazine-sumida-hokusai-3

「THE北斎 ―冨嶽三十六景と幻の絵巻―」開催概要

会期前期:2021年7月20日(火)~8月22日(日)
後期:2021年8月24日(火)~9月26日(日)
休館日毎週月曜日
開館時間9:30~17:30(入館は17:00まで)
観覧料一般:1,200円、高校生・大学生:900円、65歳以上:900円、中学生:400円、障がい者:400円、小学生以下:無料
公式サイトhttps://bit.ly/35N33Ea

pwa