銀座 蔦屋書店で「エマージング・アーティスト展」が開催。美術手帖で特集された新進気鋭の若手アーティストの作品が登場

銀座 蔦屋書店は、「エマージング・アーティスト展 」を7月3日(土)から7月21日(水)の期間に開催する。雑誌『美術手帖』2021年2月号「ニューカマー・アーティスト100」特集で掲載された100組のアーティストの中から、銀座 蔦屋書店がセレクトしたアーティスト総勢19名の作品が展示される。

adf-web-magazine-ginza-tsutaya-bijutsu-techo-1

東山詩織 Simple bed 2020 和紙に水彩、色鉛筆 92×60cm

雑誌『美術手帖』2021年2月号「ニューカマー・アーティスト100」は、日本を拠点とする、もしくは日本にルーツを持つ作家を対象に、キュレーターや美術批評家、アーティストらが推薦する新進気鋭のアーティスト100組を紹介した特集。無名に近い若手作家から、近年活躍が目覚ましい作家、定年退職後に美術を学び始めた作家まで、多様なアーティストが掲載された。そのなかから今回は、いま勢いを増し今後ますます注目されるであろう20代・30代のアーティストの作品を2部構成で展示する。

adf-web-magazine-ginza-tsutaya-bijutsu-techo-2

春原直人 Underneath 2021 和紙に岩絵具、墨 250×399×5cm 【撮影 上野則宏】

出展アーティスト

Part 1:青木美紅、浅野友理子、AHMED MANNAN、近藤七彩、斉木駿介、サ・ブンティ、鮫島ゆい、畑山太志、東山詩織、水上愛美

Part 2:長田奈緒、菊地匠、木下令子、後藤有美、小林紗織、春原直人、鄭梨愛、本山ゆかり、山口麻加

作品販売について

銀座 蔦屋書店店頭・アートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」にて、下記のとおり販売する。 Part 1:7月3日(土)12時より
Part 2:7月14日(水)12時より
※7月2日(金)と7月13日(火)に予定している招待制プレビューでも販売を予定。

「エマージング・アーティスト展 」開催概要

会期Part 1:2021年7月3日(土)~7月11日(日)
Part 2:2021年7月14日(水)~7月21日(水)
※7月12日(月)、7月13日(火)はクローズの予定
会場銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM(イベントスペース)
入場無料
URLhttps://bit.ly/2U1zPP8