記念すべき第1回目の展覧会は国内外を席捲する気鋭アーティスト友沢こたおの個展「Monochrome」

銀座 蔦屋書店は、開業5周年という節目の年に新たなアートスペースとして「FOAM CONTEMPORARY」を2022年7月3日(日)より始動した。2017年のオープン以来、「アートのある生活」の提案をモットーに様々な企画を通して、注目すべきアーティストを独自の視点で紹介してきたが、社会や人々の生活スタイルが大きく変化する昨今、ますます多様化する今日のアートシーンの様相をフォローしながら、来るべきアートのかたちを探求する。

adf-web-magazine-foam-contemporary-1

Kotao Tomozawa “slime CXXI” 2022

概要

柔軟な企画内容をイメージする液体(LIQUID)と、従来のホワイトキューブとしての設備を完備した空間、個体(SOLID)を掛け合わせ、中間的な様態“FOAM”という名のもと⽇本のアートシーンを多⾓的に映し出す表現空間を作りたいという想いが込められている。最初の“O”は泡の塊をイメージさせるようにあえて形を崩し、アーティストの⾃由で柔軟な無限に存在するイマジネーションやアイデアが刻々と変化していくアートシーンの中で⼈々の⼼に新たな感性や価値観を形づくっていく様子を表している。adf-web-magazine-foam-contemporary-3

「FOAM CONTEMPORARY」は、時代のアクチュアリティーに寄り添いながら、ライフサイクルを超えたところにあるアートの価値や醍醐味を探求、醸成する表現空間として、キャリアや年齢を問わず注⽬すべき様々なアーティストを紹介していく。

adf-web-magazine-foam-contemporary-5

※内観イメージ画像

第1回展覧会 友沢こたお個展「Monochrome」

記念すべき第1回目の展覧会として、1999年フランス・ボルドー生まれのアーティスト友沢こたおを紹介し、個展「Monochrome」を開催する。友沢こたおは、スライム状の物質と有機的なモチーフが絡み合う独特な人物画で、国内外から注目を集めるアーティスト。東京藝大美術学部在学時より久米桂一郎アワード、上野芸友アワードを受賞、個展「Pomme dʼamour」(mograg gallery、東京、2020)、個展「caché」(tagboat、東京、2021)をはじめ、国内外の展覧会やアートフェアに参加し、早くしてアーティストとしての存在感を確かなものとしてきた。モデル、音楽活動でも話題となるなど、世代を代表するアーティストの一人として、今後ますますの活躍が期待されている。

adf-web-magazine-foam-contemporary-2「Monochrome」と題された本展では、新作油彩画を発表するほか、油彩画を元にした版画も販売。シンプルな構成ながら、物質の質感や透け感、柔らかさのリアルな表現が見る者に強い印象を与える友沢こたおの作品群を観ることができる。

adf-web-magazine-foam-contemporary-4

Kotao Tomozawa “slime CXXII” 2022

友沢こたお個展「Monochrome」開催概要

会期2022年7月3日(日)から7月26日(火)まで
時間11:00~19:00
会場銀座 蔦屋書店「FOAM CONTEMPORARY」

pwa