坂本龍一参加の新作を含む新作を日本初公開

アーティゾン美術館は、2023年2月25日(土)から5月14日(日)まで、日本のアート・コレクティブの先駆け的な存在であるダムタイプの新作《2022》を再構築し、《2022: remap》として日本初公開する体感型の展覧会「第59回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap」を開催する。坂本龍一を迎えた新作も公開され、ウェブ予約チケットをは2022年12月23日(金)から販売開始する。

adf-web-magazine-dam-type-2022-remap-6

「ダムタイプ|2022:remap」展 キーヴィジュアル

第59回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展の日本館展示に選出されたのは、日本のアート・コレクティブの先駆け的な存在であるダムタイプ。1984年の結成時から一貫して、身体とテクノロジーの関係を独自な方法で舞台作品やインスタレーションに織り込んできた彼女 / 彼らは、坂本龍一を新たなメンバーに迎え、ヴェネチアで新作《2022》を発表した。「ポスト・トゥルース」時代におけるコミュニケーションの方法や世界を知覚する方法について思考を促す本作を、帰国展として再構成して展示される。ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展とは、​イタリア、ヴェネチアの各所を会場とし、2年に一度開催される現代美術の国際展。1895年から120年以上の歴史を重ね、今なお大きな影響力を持っている。石橋財団は近年ヴェネチア・ビエンナーレ日本館展示への支援を行い、財団創設者である石橋正二郎が1956年に個人として日本館の建設贈を行った経緯から、2014年の日本館リニューアルに際して改修を提案、工事費用を寄付した。このようなつながりから、石橋財団アーティゾン美術館は2020年の開館を機に、ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展における日本館展示の成果を広く日本国内でも紹介するため、帰国展を開催している。

見どころ

​新作《2022》を再構築して、《2022: remap》として日本初公開

第59回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示で発表された新作《2022》を、単純に再現展示するのではなく、アーティゾン美術館6階展示室の空間に《2022: remap》として再配置。ヴェネチア・ビエンナーレという各国ナショナル・パヴィリオンが立ち並ぶなかで、今日の地政学的境界、あるいは国境を越えて共通のインフラとなっているインターネット空間を基調としたコミュニケーションのあり方に問いを投げかけた《2022》を、サイト・スペシフィックに再構成し展示する

adf-web-magazine-dam-type-2022-remap-2

ダムタイプ《2022》 撮影:高谷史郎 ©ダムタイプ 提供:国際交流基金

坂本龍一を迎えての新作

2000年代後半より幾度となく高谷史郎と作品を作り続けてきた坂本龍一が、初めてダムタイプメンバーとして作品の制作に関わる。坂本が本作のために新たに制作したサウンドトラックに加え、坂本の呼びかけにより世界各地でフィールドレコーディングされた音がダムタイプの視覚言語を通じて、その場に立って各人が耳を澄ませることの意味、機械を通じた知覚のあり方を浮き上がらせる。また、1850年代の地理の教科書から引用された普遍的な質問のテキストが独自のレーザー装置で壁に投影されたり、坂本の友人たち(デヴィッド・シルヴィアンやカヒミ・カリィら)による朗読の音声によって周囲を取り囲み、見えるか見えないか聴こえるか聴こえないかの境界線上で表現される。

adf-web-magazine-dam-type-2022-remap-1

ダムタイプ《2022》 撮影:高谷史郎 ©ダムタイプ 提供:国際交流基金

これまでのダムタイプを凝縮して体感

1980年代中盤より映像、音、機械装置、空間の先進的な組み合わせによって、驚くべき速さで更新されていくテクノロジーと身体の関係に、都度鋭い問いを投げかけてきたダムタイプ。彼 / 彼女らのインスタレーション作品はパフォーマンス作品と連動し、《2022》も、18年ぶりの新作パフォーマンス《2020》と関係している。かつ、本展で紹介する《2022: remap》では、過去作《Playback》で使用したターンテーブルや、《TRACE / REACT II》の表現言語が新たに交わり、それ以前のヴィジュアル / サウンド表現が組み合わされつつも更新される、ダムタイプの創造性や関心を感じられる。

adf-web-magazine-dam-type-2022-remap-3

ダムタイプ《Playback》撮影:高谷史郎 ©ダムタイプ

adf-web-magazine-dam-type-2022-remap-4

ダムタイプ《Trace/ React Ⅱ》 撮影:福永一夫 ©ダムタイプ

ダムタイプ

ビジュアル・アート、映像、コンピューター・プログラム、音楽、ダンス、デザインなど、様々な分野の複数のアーティストによって構成されるグループ。1984年の活動開始以来、集団による共同制作の可能性を探る独自の活動を続けてきた。特定のディレクターをおかず、プロジェクト毎に参加メンバーが変化するなどヒエラルキーの無いフラットでゆるやかなコラボレーションによる制作活動は、既成のジャンルにとらわれないあらゆる表現の形態を横断するマルチメディア・アートとして内外で紹介されている。これまでに発表した作品はメルボルン国際芸術フェスティバル、香港藝術節、バービカン・センター(ロンドン)、新国立劇場(東京)、国際モダンダンス・フェスティバル(ソウル)、リヨン現代美術館、アテネ・コンサートホール、シンガポール芸術祭、シカゴ現代美術館、アムステルダム市立劇場など、世界中のフェスティバルや美術館で数多く上演 / 展示されていル。2018年には個展「DUMB TYPE ¦ ACTIONS + REFLECTIONS」が、ポンピドゥー・センター・メッス(フランス)で、その後2019年から2020年にかけて東京都現代美術館で開催された。2020年3月には新作パフォーマンス《2020》をロームシアター京都で制作。2022年5月6日から9月11日までハウス・デア・クンスト(ミュンヘン)で個展が開催された。

アーティゾン美術館について

石橋財団アーティゾン美術館は1952年に創設されたブリヂストン美術館を前身とし、2020年1月18日に開館。旧美術館と同じ東京・京橋の地に、約2倍の展示面積と最新の設備を伴い、さらに古代美術、印象派、日本の近世美術、日本近代洋画、20世紀美術、そして現代美術まで視野を広げ、美術の多彩な楽しみを提供する。adf-web-magazine-dam-type-2022-remap-5

「第59回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展 ダムタイプ|2022: remap」

会場アーティゾン美術館6階展示室
会期2023年2月25日(土)から5月14日(日)まで
時間10:00~18:00
メンバー高谷史郎、坂本龍一、古舘健、濱哲史、白木良、南琢也、原摩利彦、泊博雅、空里香、高谷桜子
David Sylvian、竹内真里亜、カヒミ・カリィ、ニキ

pwa