東南アジアと日本のアートコレクティブ6組によるアート作品・パフォーマンス・演劇などをライブ配信

中央線沿線で様々なアートイベントを展開しているTERATOTERA(テラトテラ)は、2020年10月15日から18日の4日間、東南アジアと日本のアートコレクティブ6組のアート作品、パフォーマンス、演劇などの作品をライブ配信でお届けする「TERATOTERA祭り2020 Collective ~共生の次代~」を開催する。

adf-web-magazine-teratotera-2020-collective

TERATOTERAは、街中でのアート展をはじめ、音楽ライブやパフォーマンスなどを盛り込んだ大規模展覧会「TERATOTERA祭り」を2011年から毎年開催。記念すべき10回目の開催となる今回は「Collective ~共生の次代~」をテーマに掲げ、東南アジアはタイ、インドネシア、カンボジアより、日本は札幌、東京、京都より、各コレクティブが作品を発表する。また、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、自宅でもアート作品を体感できるよう、プログラムをオンラインで開催し、さらにTERATOTERA祭りの開催に向け、各コレクティブと行った作品制作の過程におけるディスカッションの様子も配信する。世界規模で流行する新型コロナウイルス感染症の影響下において、東南アジア、そして日本各地のコレクティブが置かれている状況と、現状と向き合い生まれるコレクティブの作品を鑑賞できる内容となっている。

TERATOTERA祭り2020​「Collective ~共生の次代~」開催概要

期間2020年10月15日(木)~18日(日)
※配信方法と配信日時については、後日公式ウェブサイトで案内
参加費無料
アーティストChiang Mai Art Conversation(タイ)、Ruang MES56(インドネシア)、Sa Sa Art Projects(カンボジア)、hyslom/ヒスロム(日本)、Ongoing Collective(日本)、Sapporo Dance Collective(日本)
主催東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京、一般社団法人Ongoing
URLhttp://teratotera.jp/events/matsuri2020/