日本初となる商工会によるメタバース商店街

長野県阿智村商工会が、会員事業所の事業発展と地域振興を目指してメタバース上に仮想の商店街「阿智村メタバース商店街」を制作する。商店街は昭和30年代の賑わった様子を再現しつつ、会員事業所の製品やサービスを紹介。来訪者に村の魅力を伝えつつ、会員事業所の経済効果を狙う。

阿智村メタバース商店街は、阿智村の昼神温泉出湯50周年の記念行事の一環としても位置付けられている。デジタルで再現される昭和30年代の阿智村の商店街を訪れる来訪者には阿智村の昔を体感することで阿智村の魅力を認知してもらいながら、商店街の各店舗事業所も知ってもらう。

adf-web-magazine-metaverse-nagano-2

昭和初期の阿智村の駒場宿の様子

adf-web-magazine-metaverse-nagano-1

AIによるコンセプトアート

会員事業所の製品やサービスにも興味を持ってもらい、ビジネスチャンスの創出につなげたい考え。現在の参加予定事業所数は14で、製造業、飲食業、サービス業、小売業、旅館業と多岐にわたる。すでに2023年7月に制作に入り、同年10月に完成予定。11月には村内でお披露目のイベントも予定している。


pwa