リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展

広島県立美術館は、2020年9月18日(金)から2020年11月29日(日)まで、「ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展」を開催。リヒテンシュタイン侯爵家のコレクションは、その華麗さから宝石箱にもたとえられる。侯爵たちが愛し蒐集した北方ルネサンス、バロック、ロココを中心とする油彩画と、東洋・西洋の陶磁器、合わせて126点を展示。

adf-web-magazine-treasures-from-the-collections-of-the-prince-of-liechtenstein

フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラー《磁器の花瓶の花、燭台、銀器》1839年 © LIECHTENSTEIN. The Princely Collections, Vaduz–Vienna

ヨーロッパの宝石箱 リヒテンシュタイン侯爵家の至宝展概要

会期2020年9月18日(金)〜2020年11月29日(日)
会場広島県立美術館
住所広島県広島市中区上幟町2-22
時間9:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
※金曜日は19:00まで(入場は閉館30分前まで)
休館日会期中無休 
観覧料一般 1,300円(1,100円)
高・大学生 1,000円(800円)
小・中学生 600円(400円)

sdgs