企画展「クリストとジャンヌ = クロード "包まれた凱旋門"」から販売開始

The Chain Museum21_21 DESIGN SIGHTに、アート・コミュニケーションプラットフォームArtSticker(アートスティッカー)のオンラインチケット機能を導入した。これに伴い、2022年6月13日(月)から2023年2月12日(日)まで開催中の企画展「クリストとジャンヌ = クロード "包まれた凱旋門"」に関する入場チケットのオンライン販売を開始した。adf-web-magazine-21_21_design-sight-1

企画展「クリストとジャンヌ=クロード "包まれた凱旋門"」について

2021年9月パリのエトワール凱旋門が布で覆われると、周囲は人々の歓声に包まれた。現代美術作家クリストとジャンヌ = クロードが出会い、創造活動の一歩を踏み出したパリで1961年に構想し、悲願の夢でもあったプロジェクト「LʼArc de Triomphe, Wrapped, Paris, 1961–2021(包まれた凱旋門)」が現実のものとなった瞬間であった。「包まれた凱旋門」とは、エトワール凱旋門が16日間にわたり、銀色のコーティングが施された再生可能な青い布25,000m2と、3,000mもの赤いロープで包まれたプロジェクトで、本展ではこの「包まれた凱旋門」の制作背景と実現に向けた長い道のりに焦点をあて、二人の人生において貫かれたものを紐解く。
1935年6月13日、同じ年の同じ日に別々の場所で生まれたクリストとジャンヌ = クロードは、1958年秋のパリで運命的に出会いアーティストとしての活動を始める。その後1964年にニューヨークへ渡り、二人は世界中で驚きに満ち溢れたプロジェクトを実現させていく。2009年にジャンヌ = クロードが逝去した後も、二人が夢見たプロジェクトの実現に向けてクリストは創作活動を続けた。当初2020年に実現予定であったが、新型コロナウイルス感染拡大のため延期となり、クリストは完成を見ることなく同年5月に他界。その後、多くの賛同者の協力のもと構想から60年という歳月をかけて、2021年9月に実現の日を迎えた。夢の実現に向けたクリストとジャンヌ = クロードの姿勢は、アートやデザインのみならず日常におけるさまざまなチャレンジにも勇気を与えてくれる。adf-web-magazine-21_21_design-sight-2

展示の見どころ

本展はパリでの出会いに始まり、「包まれた凱旋門」の実現までの約60年間という長い道のりを、構想、準備、設置、実現の段階に沿って展示される。地下ロビーでは、ニューヨークのスタジオで「包まれた凱旋門」のドローイングを描くクリストの様子を紹介する動画を展示。ギャラリー1では凱旋門の模型を中心に、「包まれた凱旋門」の準備を行うクリストの様子を映像で紹介。ギャラリー2では、「包まれた凱旋門」をさまざまな視覚手法で再構成する空間インスタレーションを展示。ナショナルモニュメントを守りながら工夫を凝らして設置していく様子から、実現して人々の驚きや歓喜に包まれるまでを、まるで一本の映画の中にいるように、ダイナミックな空間を通して体験できる。

クリストが描いたドローイング作品に始まり、ついにパリで実現した「包まれた凱旋門」。世界的に有名なモニュメントが布とロープで包まれ、多くの来場者の関心を集めました。それは、「親愛なる」クリストとジャンヌ=クロードという二人のアーティストとその作品に対する人々からの愛情と尊敬の念を物語っています。華々しい実績やそのスケール、人々の歓喜は、この二人のアーティストからの贈り物であるといえます。高い目標を掲げ、それを達成する忍耐力と才能を垣間見ることで、私たちはそこから学ぶことができるのです。

ディレクター パスカル・ルラン

クリストとジャンヌ = クロード

クリストは1935年6月13日ブルガリアのガブロヴォで生まれる。ジャンヌ=クロードは同年同日にモロッコのカサブランカでフランス人の両親の元に生まれる。クリストは1956年にブルガリアを離れ、まずチェコスロバキアのプラハへ、1957年にはオーストリアのウィーンに亡命し、その後スイスのジュネーブに移り住む。1958年パリに渡ったクリストは、妻であると同時に生涯にわたる共同制作者となるジャンヌ = クロードと出会い、モニュメンタルな環境芸術作品を制作することになる。adf-web-magazine-21_21_design-sight-3

ArtSticker(アートスティッカー)

The Chain Museumが運営する、アートに出会う機会と、対話を楽しむ場所を提供し、アート鑑賞の「一連の体験をつなぐ」プラットフォーム。著名アーティストから注目の若手アーティストの作品まで、幅広く収録。作品のジャンルも、インスタレーション、絵画、パフォーミングアーツなど、多岐にわたる。

「クリストとジャンヌ=クロード "包まれた凱旋門"」開催概要

会期2022年6月13日から2023年2月12日まで
会場21_21 DESIGN SIGHT
時間10:00 ~ 19:00

pwa