「気候変動アクション環境大臣表彰」および「ウッドデザイン賞 奨励賞」をダブル受賞

飛鳥時代から続く日本の伝統木工技術「組子」で木製建具を製作しているタニハタによる、”組子で取り組む気候変動対策”が評価され、「気候変動アクション環境大臣表彰(環境省)」および「ウッドデザイン賞 奨励賞(林野庁補助事業)」をダブル受賞した。

adf-web-magazine-minister-of-the-environment-award-wood-design-tanita-1.jpg

伝統木工技術「組子」

気候変動アクション環境大臣表彰は、環境省が気候変動対策推進の一環として、顕著な功績のあった個人・団体をたたえるために行っているもので、前身の”地球温暖化防止活動環境大臣表彰”から数えて過去23回の歴史がある表彰制度。今回タニハタは、活動タイトル”伝統木工技術「組子」で取り組む気候変動対策”の普及・促進部門(気候変動を防止する活動等)にて受賞した。

adf-web-magazine-minister-of-the-environment-award-wood-design-tanita-3.jpg

タニハタオリジナルの組子「麻の葉ちらしシリーズ」

ウッドデザイン賞は、国産材を使い、その良さや価値を再発見できる製品や取組について、特に優れたものを評価し表彰する顕彰制度で、審査委員長にはプロジェクト・デザイナーの赤池学、世界的建築家の隈研吾など、第一線で活躍する専門家が審査委員をつとめている。

今回タニハタオリジナルの組子「麻の葉ちらしシリーズ」がライフスタイル部門にて奨励賞(審査委員長賞)を受賞した。

adf-web-magazine-minister-of-the-environment-award-wood-design-tanita-2.jpg

組子づくりで発生するおがくずを自社工場内でペレットにして活用。


pwa