展示場・ショールームに「超建築メタバース」を

クリーク・アンド・リバー社は2022年12月1日(木)から計4回にわたり、一級建築士が実際の建築データを基に設計開発したメタバースプラットフォーム「超建築メタバース」の活用方法について解説する、オンラインセミナーを開催する。セミナーでは展示場として出会う楽しさとコミュニケ―ションを大切にした「ランドスケープモデル」と、商品を展示するショールームとして活用できる「ミュージアムモデル」の2つのモデルを紹介。

adf-web-magazine-superarchitectural-metaverse-1

ランドスケープモデル

希望にあわせたカスタマイズも可能で、本格的なメタバース展示場構築を実現できる。イベントなどスポットでのレンタル利用にも活用出来る。一級建築士とC&R社が開発したリアルなメタバースを解説とともに確認することができる。申し込みはこちら

adf-web-magazine-superarchitectural-metaverse-2

ランドスケープモデル

「すぐに使えるメタバース活用セミナー」概要

日時
  • 12月1日(木)11:00~12:20
  • 12月5日(月)16:00~17:20
  • 12月8日(木)11:00~12:20
  • 12月12日(月)11:00~12:20

各回80分 / すべて同内容

会場

Zoomによるオンライン開催

対象
  • 工務店、ハウスメーカーなど建築業界関連の方
  • メタバース活用したビジネスを検討中の方
  • XR(VR / AR / MR)ビジネスに従事している方
参加費

無料

adf-web-magazine-superarchitectural-metaverse-3

ミュージアムモデル

クリーク・アンド・リバー社

映像・ゲーム・Web・広告 / 出版・作家、コンピュータサイエンス・医療・IT・会計・法曹・建築・ファッション・食・CXO・舞台芸術・ライフサイエンス、アスリート、アグリカルチャーの18分野のプロフェッショナル・エージェンシー。「プロフェッショナルの生涯価値の向上」と「クライアントの価値創造への貢献」をミッションに掲げ、ライツマネジメント(知的財産の企画開発・流通)、プロデュース(開発・請負)、エージェンシー(派遣・紹介)の3つの事業を各分野で展開している。


pwa