2021年3月2日より銀座 蔦屋書店オンラインストアにて先行予約開始

銀座 蔦屋書店は、2021年3⽉18⽇(木)に刊行される超大型限定写真集『ANDO'S HANDS Tadao Ando Works 1976-2020』を店頭並びにオンラインストアで販売する。世界的建築家である安藤忠雄が手がけた建築作品を手描き図面やスケッチを交え構成した1冊で、安藤によるサイン入り・シリアルナンバー入り限定200部となる。特典として和紙ドローイング・詳細解説の別冊が付属します。また4月1日には、LIMITED EXCLUSIVE EDITIONの発売も予定されている。

adf-web-magazine-architect-andos-hands-tadao-ando-works

adf-web-magazine-architect-andos-hands-tadao-ando-works-4

adf-web-magazine-architect-andos-hands-tadao-ando-works-1

安藤忠雄は、独学で建築を学び、1969年に出身地である大阪に建築設計事務所を構え、約半世紀に渡り、国内外で独自の建築を創り続けている世界的な建築家。本書は「手で創造する」をテーマとし、安藤忠雄が手がけた1976年-2020年の建築作品、38作品を掲載。原寸大の手描き図面や、イメージの源泉となったスケッチを多数掲載するなど、安藤の創作の根幹に迫る。各章の最後の頁には、安藤の言葉と共に彼自身の写真も掲載。描き下ろし、撮り下ろしも多数収録した豪華な内容と圧倒的なサイズで観る者を圧倒する。装幀にも描き下ろしドローイングを使用。特典として、直筆の和紙ドローイング(光の教会/地中美術館のいずれか)と各作品の詳細を安藤のスケッチと共に解説した別冊が付属する。

adf-web-magazine-architect-andos-hands-tadao-ando-works-5

adf-web-magazine-architect-andos-hands-tadao-ando-works-3

adf-web-magazine-architect-andos-hands-tadao-ando-works-6

安藤忠雄(建築家)プロフィール

大阪生まれ。独学で建築を学び、1969年に安藤忠雄建築研究所を設立。代表作に「光の教会」、「ピューリッツァー美術館」、「フォートワース美術館」、「地中美術館」、「プンタ・デラ・ドガーナ」、「こども本の森 中之島」、「ブルス・ドゥ・コメルス」など1979年「住吉の長屋」で日本建築学会賞、1993年日本芸術院賞、1995年プリツカー賞、1996年高松宮殿下記念世界文化賞、2002年AIAゴールドメダル、京都賞、2003年文化功労者、2005年UIAゴールドメダル、レジオンドヌ−ル勲章(シュヴァリエ)、2010年文化勲章、2013年フランス芸術文化勲章(コマンドゥール)、16年イサム・ノグチ賞など多数受賞。イェール、コロンビア、ハーバード大学の客員教授歴任。1997年より東京大学教授、現在、名誉教授。2017年国立新美術館で「安藤忠雄展―挑戦」開催。入場者数は30万人を超える。2018年パリ ポンピドゥー・センターにて、2019年ミラノ「ARMANI/SILOS」にて「安藤忠雄展」開催。

『ANDO'S HANDS Tadao Ando Works 1976-2020』情報

著者安藤忠雄
刊行日2021年3月18日(木)
仕様B2判(内寸690×500㎜)/上製本/292p
部数限定200部(初版50部) ※著者サイン・シリアルナンバー入り
特典安藤忠雄直筆の和紙ドローイング、詳細解説別冊
価格550,000円(税込)
ISBN978-4-86695-017-4

pwa