ブルノのズヴォナールシュカ中央バスターミナルの新デザインは、ブルータリズム構造を保持しながら、ブルノの社会構造の中でターミナルが決定的な役割を果たしていることを再認識

CHYBIK + KRISTOF ARCHITECTS & URBAN DESIGNERSは、チェコ共和国ブルノのズヴォナールシュカ中央バスターミナルの再構築の着工を発表した。2011年に建築家によって自主的に始められたこのプロジェクトは、既存のブルタリストの遺産構造を保存しながら、朽ち果てた公共空間を、進化する社会的ニーズに適応した機能的な実体へと再考することに取り組んでいる。都市と地域の社会構造におけるターミナルの中心的な役割を強調し、プロジェクトは、積極的な社会変革のための触媒としての建築家の責任を確立するためにCHYBIK + KRISTOFの継続的な関与が承認されている。1984年に設計され、1988年に市内バスステーションの不足に対応するために建設されたズヴォナールシュカ中央バスターミナルは、都市間輸送のための地域の主要なバスステーションとして機能し続けている。当初は大規模な交通拠点として構想されていたが、当初計画された5つの建設段階のうち2つしか完成しなかった。1989年のチェコ共和国のビロード革命により、1948年以来の非共産主義政権が誕生した後、ターミナルは民営化され、バスターミナルとしての役割を再開したが、建設計画や将来のビジョンは見送られた。ブルータリズム遺産として設立されたが、維持費の高さから維持管理はほとんど行われておらず、徐々に劣化していった。

adf-web-magazine-chybik + kristof architects affirm their social engagement with brutalist bus terminal redesign

All images ©︎Alex Shoots Buildings. Courtesy of CHYBIK + KRISTOF Architects & Urban Designers.

2011年、深いつながりのあるブルノにスタジオを構えたばかりのCHYBIK + KRISTOFは、ターミナルの老朽化した状況に気づいた。回復不可能と思われるこの空間にポジティブな代替案を提案したいと考えたCHYBIK + KRISTOFは、初歩的なリサーチと再構築の提案を個人所有者に行った。この提案はソーシャルメディア上で公開され、広く共有され、メディアや世間の注目を集めた。

建築家によって強く促されるプロセスの中で、地元の民間の利害関係者と公的機関の間で対話が促された。このプロジェクトは、彼らのビジョンを実現するための十分な資金を獲得することにも一役買った。プロジェクトの複雑さを考慮し、4年間の協力交流を経て、2015年には必要な資金を確保することができた。特に欧州基金プロジェクトとして認められたことで、投資に関わる大きな割合を確保することができた。

ブルータリスト構造に象徴される地域の遺産を保存するために、CHYBIK + KRISTOFは、地域、国内、国際線と820以上の乗り継ぎがあり、毎日17,000人以上の乗客が乗り継ぐ交通の中心地としてのターミナルの主要な役割を理解し、コンテンポラリーな再設計を行った。正方形のフロアプランを踏襲し、再構築されたメインホールは、壁のない開放的な構造となっている。内側には各バス停、外側にはバスの駐車場を配置し、両面の屋根の役割を果たしている。CHYBIK + KRISTOFはそれを本質的に公共空間として構想し、既存のスタンド(1990年代に追加された仮の構造物)をインフォメーションオフィス、チケット売り場および待合室、また新しいプラットホームおよび身体障害者が利用しやすいオリエンテーションシステムと取り替える予定。建築家による設計はターミナルへのアクセスを楽にし、快適さを呼び起こし、人の安全を促すように光を重視している。

仮設スタンドを撤去することで、ターミナルを街に開放し、駅への第二の入り口をストリートレベルで行う。老朽化した主要構造物を白に塗り替え、新しい照明器具を設置する一方で、駅の至る所にある仮設スタンドの間に隠されていたウォールアートを保存し、光を灯す。バスや様々なサービスへの道を明確に示し、CHYBIK + KRISTOFは、建物をダイナミックな社会的ハブに変え、地元の人々と乗客の自由な流れを同調させる。

adf-web-magazine-chybik + kristof architects affirm their social engagement with brutalist bus terminal redesign-2

adf-web-magazine-chybik + kristof architects affirm their social engagement with brutalist bus terminal redesign-3

adf-web-magazine-chybik + kristof architects affirm their social engagement with brutalist bus terminal redesign-4

不明瞭で、進化し、時には相反する都市計画を反映しているように、ズヴォナールシュカ中央バスターミナルは、多くの類似した空間がそうであるように、保存されているが手入れが行き届いておらず、周囲の環境から完全に切り離されていることが多い、そういった空間の一つである。建築とデザインの専門家として、また都市空間の利用者として、CHYBIK + KRISTOFは、建築家が備えている批判的な考えを持っている。それは、環境に敏感になり、環境に批判的になり、想定されたものと構築されたもの、公共と民間、機能と経験の間に内在する関係性、ニュアンス、相乗効果を考慮するようになるものである。この10年で根深い社会的責任へと成長したものを認識し、その機能だけでなく、社会構造への影響を研究的に理解することで、このプロジェクトを検討する。建築家、公共団体および民間のパートナー、ローカルおよび外部の多様な関係者を巻き込むことによって、CHYBIK + KRISTOFは再び、建築家が変化のために積極的に活動する者として、また対話を促す者としての中心的な役割を果たしていることを示している。CHYBIK + KRISTOFは、過去の欠点を正そうとする試みの中で、今日の建築家は、単なる建設プロセスを超えて、環境と社会の構造に密着したユーザー中心のデザインに向けたホリスティック・アプローチを行う義務があると考えている。バスターミナルは、2021年の完成を予定しているが、これを第一段階とし、周辺地域を含めた復興・都市再生プロジェクトを今後、展開していく。

CHYBIK + KRISTOFについて

CHYBIK + KRISTOFは、2010年にOndřej ChybíkとMichal Krištofによって設立された建築と都市デザイン事務所。50人以上の国際的なチームメンバーとプラハ、ブルノ、ブラチスラバにオフィスを構え、世代や社会圏を超えて、プライベートとパブリックスペースの架け橋を作ることを目指す。地域の歴史や環境の特殊性を考慮し、都市開発から公共・住宅まで幅広いプロジェクトに取り組む。最近のプロジェクトには以下のようなものがある。Gallery of Furniture(チェコ共和国)、Expo 2015のチェコパビリオン(イタリア・ミラノ)、Lahofer Winery(チェコ共和国)など。CHYBIK + KRISTOFは、雑誌『Architectural Record』の2019年デザイン・ヴァンガードアワードをはじめとする数々のアワードを受賞しており、最近ではEuropean Centre for Architecture Art Design and Urban Studiesの2019年40アンダー40アワードの受賞者にも選ばれている。


pwa