8   +   8   =  

電通とグッドパッチが協業プロジェクトX Design Partnerがローンチ

電通は、ウェブサービスやアプリなどデジタル領域のUI/UXデザインに強みを持つデザイン会社グッドパッチと共同で、デジタル領域の新事業・プロダクト開発において、顧客の体験価値を起点としたサービスデザインと、事業成長に向けたマーケティング戦略を一気通貫で提供するプロジェクト「X Design Partner」をローンチした。その一環として、サービスデザイン・UI/UX開発からタグライン/キャッチコピー開発、ローンチ後のマーケティングコミュニケーション戦略まで“開発初期から、同時進行で、一貫して”検討、実施するサービスを2020年11月2日よりスタート。

adf-web-magazine-x-design-partner

新規事業やプロダクト開発の際、そのコンセプト設計や顧客視点を考慮したビジュアルデザインなどを先行させ、マーケティング戦略は、開発がある程度進行してから検討し始めるケースが多い。その場合、先行設計したコンセプトとターゲットユーザーに届けるためのメッセージに齟齬が生じたり、ローンチ前にUX・顧客体験を再検証したりする必要が出るなど、時間的・費用的なロスが生じることがある。

本プロジェクトのサービスは、開発初期段階からプロダクトデザインとマーケティング戦略を一気通貫で行うもの。ターゲットの設定や顧客体験を踏まえたコンセプト、マーケティング視点からのメッセージ開発を同時に検討・設計する。そのため、検証の際はプロダクトとコミュニケーションを合わせてユーザーに評価してもらうことができ、時間の効率化だけでなく、開発段階から事業成長を視野に入れたマーケティング文脈を組み込むことが可能。

adf-web-magazine-x-design-partner-2

グッドパッチは、顧客体験を起点としたプロダクト / サービス戦略からUI / UXデザイン、開発を中心に、電通はマーケティング視点からタグライン / キャッチコピー開発、ブランディング、統合コミュニケーション、グロース戦略立案を行う。

X Design Partnerにおけるプロセス

  1. ユーザー/マーケットリサーチ
    自社内・ユーザー・マーケットに関するリサーチを行い、新規事業/プロダクトコンセプトを策定
  2. プロトタイピング検証、メッセージ/イメージボード制作
    策定した新規事業/プロダクトコンセプトに基づいて、プロトタイピングとメッセージ/イメージボードを制作し、MLP(minimum lovable product)※の検証と定義づけを実施。
  3. 事業/プロダクトの開発、コミュケーション戦略策定
    事業/プロダクトの開発とマーケティングコミュニケーション戦略の策定を行い、プロダクトローンチ後の迅速な事業成長を促進。