≫ イベント

BODW-Logo

香港ビジネスオブデザインウィーク(BODW) 2018

BODW 2018 (香港) 香港デザインセンター(HKDC)は、今回で17回目を迎えるアジアを代表するビジネスデザインウィーク(BODW)を2018年12月3日(月)から8日(土)にわたり開催します。多岐の分野に渡って国際的なイノベーターと創造力を提供する、BODWは最新の業界動向を伝え、都市、経済、文化、生活のた... 続きを読む
Biennale

“なぜビエンナーレ/トリエンナーレなのか?現代美術とは何か?”

バンコク国際交流基金(Japan Foundation Bangkok)とジムトンプソンアートセンターは、タイクリエイティブ&デザインセンター(TCDC)とコンテンポラリーアート&カルチャー、文化庁と協力して、「なぜビエンナーレ/トリエンナーレなのか?現代アートとは何か?」と題された公開トークを2018年11月... 続きを読む
Towada Art Center Yuko Mohri

十和田市現代美術館 毛利悠子「ただし抵抗はあるものとする」

毛利悠子「ただし抵抗はあるものとする」展 国内外で注目を集める新進アーティスト、毛利悠子の美術館初個展!毛利悠子は、展示空間全体を作品に変えるインスタレーションという手法で創作活動を行ってきました。ハタキやスプーン、空き缶など、私たちが日常生活で目にするものを使い、電気や磁力、空気の動きなど、普段は目に見えないエネル... 続きを読む
Design Shanghai Beijing

デザインチャイナ北京2018開催

メディア10チャイナがデザインチャイナ北京を設立 「デザイン上海」を主催するメディア10チャイナが「デザインチャイナ北京」を設立。「デザイン上海」は、世界で有名な国際的デザインイベントであり、アジアの大きなデザインイベントの一つとなっており、ADFは、「デザインチャイナ北京」のメディアパートナーとして「デザインチャイ... 続きを読む
MIID Conference 2018

マレーシアインテリアデザイナー協会カンファレンス情報

MIID(マレーシアインテリアデザイナー協会)により、2013年以降、毎年開催されているMIID REKAカンファレンスは、マレーシアへの関心を高め、MIIDの作品とデザインアイデアを共有するためのプラットフォームを提供することを目的としています。このイベントは、世界中で有名な受賞歴のある国際的デザイナーが自らの作品を... 続きを読む
Diesel HAMADARAKA

DIESEL ART GALLERY エデンドルドラド展

DIESEL ART GALLERYでは、夢、温度、湿度、記憶に残った図像、言葉の響き、ノイズなどの、身の回りの存在を五感で捉え、サンプリングすることによって作品を制作する双子のアートユニット、HAMADARAKA(ハマダラカ)の国内初大型個展を開催。神秘的な生き物たちが織りなす「楽園」を描いたペインティング作品約30... 続きを読む
Starting Points: Japanese Art of the ‘80s

金沢21世紀美術館 「起点としての80年代」展

起点としての80年代 1980年代には今日の美術に直接つながるいくつもの重要な動向が生まれました。インスタレーションという形式、作品制作への参加や社会との関係への意識、オルタナティブ・スペース、 メディア・アート、「美術」という制度を相対化する視点、日常性や軽やかさを大切にする感性などです。 金沢21世紀美術館では... 続きを読む
MOMAT

東京国立近代美術館 ゴードン・マッタ=クラーク展

企画展「ゴードン・マッタ=クラーク展」 東京国立近代美術館による1970年代ニューヨークを中心に活躍したゴードン・マッタ=クラークのアジア初となる回顧展です。没後40年を経た現在もなお、アート、建築、ストリートカルチャー、食など多くの分野から絶大な人気を集める彼の活動が紹介されます。 展覧会では会場撮影が可能です(... 続きを読む