2   +   9   =  

プログラム概要

象の鼻テラスは、ZOU-NO-HANA BALLET PROJECT「Walk Installation vol.1 ARUKU」を2020年1月21日(火)から30日(木)まで開催する。本プロジェクトリーダーを務める世界的ダンサー安藤洋子は、現代バレエ界の鬼才 ウィリアム・フォーサイス率いるフランクフルト・バレエ団( 2015年よりザ・フォーサイス・カンパニー)にアジア人として初めて入団し、約40作品を世界各地で踊ってきた。カンパニー解散後、帰国した安藤は出身地である横浜でその経験を次世代の若手ダンサーに伝えるため、クリエーションを軸としたダンスワークショップをZOU-NO-HANA BALLET PROJECTのプログラムとして継続的に行っている。

adf-web-magazine-aruku-main

「Walk Installation vol.1 ARUKU」は、象の鼻テラスで行う多様で実験的なパフォーマンス期間の総称。安藤の帰国後初となる作品を含む、様々なプログラムから構成されている。そのベースとなるのは、象の鼻テラスで安藤と出会い、クリエーションをしてきたダンサーたちの10日間に及ぶ「ARUKUインスタレーション」。プログラム期間中、日常の風景に混ざって実験的パフォーマンスが常に行われ、自由に見ることが可能となっている。タイトルの「ARUKU」には、最も基本的な「歩く」という行為を軸にクリエーションをすることで、個々人としては無機質で無感情に見える移動が、全体として見れば、有機的かつ複雑に絡み合うかのような、目が離せない空間を生み出したいという思いが込められている。各プログラムは事前申込みによりパフォーマーとしての参加も可能となっている。

adf-web-magazine-aruku-1

安藤洋子 Yoko Ando

2001年アジア人として初めて、鬼才ウィリアム・フォーサイスの目にとまり、フランクフルト・バレエ団( 2015年よりウィリアム・フォーサイス・カンパニー)に入団。そこから頭角を現し、15年間メインダンサーとして新作クリエーションをし、40作品を世界各国で踊ってきた。現在、日本とNYを拠点に、自己の身体表現を模索するとともに、経験を生かした芸術教育にも力を注ぐ活動を続けている。
慶応義塾大学大学院、日本女子体育大学講師。YCAM InterLab + 安藤洋子共同研究開発プロジェクトRAM。