二子玉川 蔦屋家電 “ぱいどんAIで挑む手塚治虫の世界 刊行記念「AIは文化を創れるか?」フェア”を開催

二子玉川 蔦屋家電では2020年8月5日(水)から18日(火)まで“~ ぱいどん AIで挑む手塚治虫の世界 刊行記念 ~「AIは文化を創れるか?」フェア”と題して、AI技術と人間で漫画の神様、手塚治虫に挑む「TEZUKA 2020」プロジェクトによって生まれた31年ぶりの新作漫画『ぱいどん』の制作秘話にまつわるパネル展示をスタートする。

adf-web-magazine-tezuka-osamu-ai-project

「TEZUKA 2020」プロジェクトは、 キオクシアが社名変更に伴い始動した「#世界新記憶」キャンペーンの第1弾としてAI技術と人間で漫画の神様・手塚治虫に挑んだプロジェクト。2020年、もしも、手塚治虫が生きていたら、どんな未来を描くだろう?ストーリー、キャラクター、描き方。漫画の神様、手塚治虫の3つの独創性に人間とテクノロジーで挑み、31年ぶりの新作漫画「ぱいどん」が誕生した。

adf-web-magazine-tezuka-osamu-ai-project-6

adf-web-magazine-tezuka-osamu-ai-project-4

二子玉川 蔦屋家電は「アート&テクノロジー」を1つのコンセプトとして掲げ、ジャパニーズカルチャーとしての漫画(アート)とAI技術(テクノロジー)の融合である「TEZUKA 2020」プロジェクトおよび「ぱいどん」とのコラボレーション企画が決まった。本フェアでは「AIは文化を創れるか?」を屋台骨のクエスチョンとして投げかける。

また蔦屋家電+では、「TEZUKA 2020」プロジェクトの一部として開発されたロボットアームを特別展示を行う。さらに、コルク佐渡島庸平、Qosmo徳井直生を招いてAIがクリエイティブ領域にどう影響を及ぼすのか、アートのあり方はどのように変化していくのかを考えるトークイベントや、「AI」そして「人間」について理解を深める書籍を集めたコーナーを展開する。

adf-web-magazine-tezuka-osamu-ai-project-5

adf-web-magazine-tezuka-osamu-ai-project-3

adf-web-magazine-tezuka-osamu-ai-project-2

adf-web-magazine-tezuka-osamu-ai-project-1

「AIは文化を創れるか?」フェア概要

期間2020年8月5日(水)~ 8月18日(火)
場所二子玉川 蔦屋家電 2階 ギャラリー、1階 蔦屋家電+ほか
住所〒158-0094
東京都世田谷区玉川1丁目14番1号 二子玉川ライズ S.C. テラスマーケット
URLhttps://bit.ly/2Y5g6gy

pwa