「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業」- オンラインシンポジウムを開催

寺⽥倉庫と緊急事態舞台芸術ネットワークが文化庁より受託する文化芸術収益力強化事業「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業(以下、EPAD)」は、事業報告を目的としたオンラインシンポジウムを2021年3月13日(土)に開催する。

adf-web-magazine-terrada-warehouse-deigital-theater-3

EPADは、2020年に寺田倉庫と緊急事態舞台芸術ネットワークが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い困難に陥っている舞台芸術等を支援、収益力強化に寄与することを目的に設立した。主催団体の協力を得て新旧の公演映像などの収集・配信を実現し、権利処理を行うことで商用配信プラットフォームでの活用を促進、関係者に対価を還元する。この取り組みによって公演映像・Eラーニング・戯曲・舞台美術の4種4,300点近くの舞台芸術資料を収集し、現在は、映像作品280本の一挙配信を目指し権利処理を実施している。

adf-web-magazine-terrada-warehouse-deigital-theater

劇団四季「鹿鳴館」2006年 模型©️土屋茂昭

adf-web-magazine-terrada-warehouse-deigital-theater-2

流山児★事務所「コタン虐殺」2020年 ©️横田敦史

adf-web-magazine-terrada-warehouse-deigital-theater-1

劇団四季「鹿鳴館」2006年 エレベーション©️土屋茂昭

オンラインシンポジウムでは、アーカイブ収集・権利処理におけるイノベーション・刻々と変化していく市場およびユーザーのニーズに適した配信方法や技術を調査・検証した成果を報告する。当日は、野田秀樹(劇作家・演出家・緊急事態舞台芸術ネットワーク 代表世話人)、社会学者で、デジタルアーカイブ学会会長代行である吉見俊哉(東京大学教授)、著作権法の専門家で、EPAD実行委員会メンバーである福井健策(骨董通り法律事務所)が出演する。

オンラインシンポジウム開催概要

タイトル緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業(EPAD)シンポジウム
日時2021年3月13日(土)13:00 - 17:00(3部制)
URLhttps://youtu.be/CsCRTRhY9YQ
料金無料
配信会場KIWA(東京都品川区東品川2-1-3)

pwa