プロデューサー・立川直樹の選曲した音楽とともに現代アートを鑑賞する2日間

ポーラ美術館は2022年4月9日(土)から9月6日(火)まで開催している企画展「モネからリヒターへ ―新収蔵作品を中心に」を記念して、2022年6月18日(土)、19日(日)の両日、プロデューサー・立川直樹を進行役に迎えて、現代アートと音楽が融合した鑑賞イベントを開催する。高級オーディオブランド「テクニクス」による最高峰の機材で、臨場感あふれる音楽とともに作品を楽しむことができる。

adf-web-magazine-monet-to-richter-1

立川直樹氏からのコメント

絵画と音楽には親和性があります。一瞬にして時空を超えた世界に人を連れていきイマジネーションを喚起させる力。それが共鳴した時にマジカルなものになり、未知なる領域への旅が始まります。独自のバイブレーションを持つ箱根に自然と美術の共生を謳って建てられたポーラ美術館の中で僕はその旅の案内人になりたいと思いました。音楽の細かいニュアンスまで見事に再生する力を持ったテクニクスのプレミアム・オーディオを使用して時代もジャンルも超えた音楽が絵画と共鳴します。忘れ得ぬ2日限りの旅の御案内です。

立川直樹 (たちかわ・なおき プロデューサー / ディレクター)

1949年生まれ。70年代の始まりからメディアの交流をテーマに音楽、映画、美術、舞台など幅広いジャンルで活躍するプロデューサー・ディレクター。分野はロック、ジャズ、クラシック、映画音楽、アート、舞台美術など多岐に渡り、音楽評論家・エッセイストとしても独自の視点で人気を集める。

使用する機材

高級オーディオブランド「Technics」の最高峰“リファレンスシステム”で届けられる「オーディオライブ」。アーティストが放つ音楽の「臨場感」、「空気感」、「エネルギー感」を存分に楽しむことができる。

adf-web-magazine-monet-to-richter-6

(プレーヤー)SL-1000R

adf-web-magazine-monet-to-richter-5

(アンプ)SU-R1000

ポーラ美術館開館20周年記念展「モネからリヒターへ―新収蔵作品を中心に」

adf-web-magazine-monet-to-richter-2

ゲルハルト・リヒター 《抽象絵画(649-2)》 1987年 油彩/カンヴァス ポーラ美術館 © Gerhard Richter 2021 (05102021)

本展覧会は、ポーラ創業家・二代目の鈴木常司が収集したコレクションと、近年に新収蔵した作品を合わせて紹介する初の機会。企画にあたって主要なテーマを「光」とした。モネや印象派の画家たちは光の表現を追究したが、リヒターなど現代作家たちの作品にも光への強い関心がうかがわれる。本展では当館のコレクションの「現在(いま)」を紹介するとともに、美術館の未来とコレクションの可能性を探る。

SUPER AUDIO LIVE「音楽の情景~JOURNEY TO THE FOURTH WORLD」開催概要

日程2022年6月18日(土)、19日(日)
時間17:30~19:00
参加費用各日5,000円(消費税・当日入館料込み)
参加方法

6月18日(土)お申し込み

6月19日(日)お申し込み

定員各日50名
集合場所ポーラ美術館 展示室2

pwa