現代アート美術館「KAMU kanazawa」が金沢にオープン

setchuが設⽴した私設現代アート美術館KAMU kanazawaが、2020年6⽉21⽇(⽇)⽯川県⾦沢市広坂に開館する。KAMU kanazawaのこけら落しの展⽰は「The power of things」と題し、ステファニー・クエール、桑⽥卓郎、レアンドロ・エルリッヒらの展⽰を⾏う。

adf-web-magazine-kamu-kanazawa

2019年10⽉にスタートした、⾦沢に私設の現代アート美術館を設⽴するプロジェクトは、新型コロナウイルスの影響もあり、開館が延期となっていたが、「KAMU kanazawa」として2020年6⽉21⽇にオープン。初年度展⽰は「The power of things」と題し、本美術館のコレクションの中核をなす⽴体とインスタレーションのジャンルから、レアンドロ・エルリッヒ、桑⽥卓郎、ステファニー・クエールをピック アップ。KAMU kanazawaのコレクションを中⼼に、3⼈の作家が本展⽰のために制作した新作を含め、⽇本未公開作品を多数展⽰する。社会のあり⽅が変わり、オンラインへのシフトは確実に加速している状況だが、フィジカルに体験、体感し⼼​揺さぶる“物”の⼒を感じてもらいたい。

adf-web-magazine-kamu-kanazawa-4

INFINITE STAIRCASE (2020) ©Leandro Erlich

adf-web-magazine-kamu-kanazawa-2

Watching Fox ©Stphanie Quayle

adf-web-magazine-kamu-kanazawa-3

青化粧金彩梅華皮志野垸 Blue-slipped gold Kairagi Shino bowl ©Takuro Kuwata

レアンドロ・エルリッヒの作品は、新作インスタレーションの公開を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で⼀時制作がストップしていたため、7⽉までは新作の資料展⽰や関連のある作品を展⽰する。現在、⼯場では作品制作が進められており、7⽉中旬には美術館内での公開制作を⾏う可能性もあり、2度3度と来場しても作品の変化を楽しめる展⽰となる。作品完成後は本美術館のパーマネントコレクションとして常設展⽰され、「⾦沢21世紀美術館」のスイミングプールと併せてエルリッヒの2つの⼤型インスタレーションが楽しめる世界でも数少ない都市となる⾦沢のアートシーンを盛り上げる。

KAMU kanazawa

⾦沢21世紀美術館から徒歩3分、⾦沢市の中⼼部に、setchuが運営を⾏う私設の現代アート美術館「KAMU kanazawa(カム カナザワ)」が2020年6⽉21⽇に開館。現代アートによる⽇本の⽂化資源の向上のための作品収集、同時代的に⽣まれるアートの発信を⾏い、さらには“拠点となる⾦沢市”が現代アートの街として発展していくことに貢献することを⽬的に活動していく。

KAMU kanazawa 概要

開館日2019年6⽉21⽇
入館料800円、⼩学⽣以下 無料
休館日⽉曜⽇
住所⽯川県⾦沢市広坂1-1-52
URLhttps://ka-mu.com/

pwa