3D都市モデルによるまちづくりのデジタルトランスフォーメーション推進事業にPsychic VR Labが参画

クラウドサービス「STYLY」を展開するPsychic VR Labは、国土交通省が推進する「Project PLATEAU」の一環である2022年度民間サービス創出型ユースケース開発に参画する。屋外広告の可視範囲と人流データを用いた広告効果シミュレーションなどで、デジタルツイン上でAR屋外広告の管理システムの実証を行う。adf-web-magazine-psychic-vr-lab-project-plateau

国土交通省都市局では、2020度から「Project PLATEAU」を開始し、スマートシティの社会実装をはじめとするまちづくりのデジタルトランスフォーメーションを推進するための基盤データとして3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化事業を進めている。Psychic VR Labは、まちづくりのデジタルトランスフォーメーションを更に加速させるため、Symmetry Dimensions Inc.が主催する先進的な技術と3D都市モデルを組み合わせたユースケース実証に参画する。

ユースケース実証概要

「フィジカル空間のAR屋外広告」を前提とし、3D都市モデル・環境情報等の景観ルールと連携して、デジタルツイン上でAR屋外広告の管理システムを実証する。併せて、都市AR屋外広告における課題の抽出、データの取扱いについて渋谷データコンソーシアムと共に2022年度に検討会を開催予定。実施内容は以下の通り。

    • AR広告の管理(登録・編集・景観確認・表示・効果測定)
    • AR広告の表示イベントを渋谷区で開催
    • 都市のAR広告に関する検討会の設置・開催

Project PLATEAUについて

国土交通省が進める、まちづくりのデジタルトランスフォーメーション(UDX)を推進するための事業。日本全国の3D都市モデルを整備し、オープンデータとして公開することで、誰もが自由に都市のデータを引き出すことが可能となり、防災、まちづくり、AR・VRなど様々な場面で活用できるようになる。3D都市モデルとは、実世界(フィジカル空間)の都市を仮想的な世界(サイバー空間)に再現した三次元の都市空間情報プラットフォーム。二次元の地図に建物・地形の高さや建物の形状などを掛け合わせて作成した三次元の地図に、建築物の名称や用途、建設年などの属性情報を加え、都市空間そのものをデジタル上で再現している。Project PLAEAUは、3D都市モデルを活用することで「全体最適・持続可能なまちづくり」「人間中心・市民参加型のまちづくり」「機動的で機敏なまちづくり」の実現を目指していく。

Psychic VR Lab について

Psychic VR Labは、XR(VR:仮想現実, AR:拡張現実, MR:複合現実の総称)時代におけるクリエイティブプラットフォームとして、ブラウザだけでXR空間を構築し、VR/AR/MRコンテンツの配信を行うことができるクラウドサービス「STYLY」を展開。すべてのアーティストがXR空間を作ることができる世界を作ることをミッションにアート、ファッションからライフスタイルに関わるインターフェイスのXR化を推進している。


pwa