POLUSが学生を対象に建築デザインコンペティションを開催

POLUS(ポラス)は、大学院や大学、高等専門学校、高等学校等に通う学生を対象に 「第9回POLUS -ポラス- 学生・建築デザインコンペティション」を開催する。「終わらない家」をテーマに、木の家による魅力的なアイデアを募集する。募集期間は、2021年11月30日(火)から2022年5月9日(月)までとなっており、受賞作品の発表は、2022年6月中旬を予定している。adf-web-magazine-polus-student-architecture-design-competition-1

本コンペは2014年に、ポラスグループ創業45周年の記念事業の一つとして第1回が開催され、昨年の第8回は、応募作品数557件という過去最多の応募があった。建築の道を志す学生の自由で新鮮な発想(アイデア)を表現・公表する機会を設け、将来活躍が期待される学生を応援するとともに、建築業界の発展に貢献できればとの思いで開催されている。結果発表は、2022年6月中旬に開催予定の公開審査会場で行うと共に、公式ウェブサイトに掲示する。また、応募作品の中から実物件への具現化の可能性もある。

応募概要

テーマ

「終わらない家」

審査委員
  • 審査委員長 西沢 立衛 (横浜国立大学大学院Y-GSA教授)
  • 審査委員 今井 公太郎 (東京大学生産技術研究所教授)
  • 原田 真宏 (芝浦工業大学教授)
  • 中川 エリカ (中川エリカ建築設計事務所)
  • ポラス株式会社 社内審査委員1 名   以上5名
  • 賞金総額 100万円
  • 最優秀賞 1 点 50万円
  • 優秀賞 1 点 20万円
  • 入選 3 点 各10万円
  • 佳作 数点 (賞状のみ)
募集期間

2021年11月30日(火)~2022年5月9日(月) 消印有効

応募資格

20224月1日時点で、大学院、大学、短期大学、高等専門学校、専修学校(各種学校)、高等学校、等の学生であること

応募方法

公式HPより応募登録を行う

作品条件
  • 内容:「終わらない家」のテーマに沿った作品
  • 敷地:別図(以下)参照
  • 規模:敷地内に7世帯程度の住宅
  • 構造:木造
adf-web-magazine-polus-student-architecture-design-competition-2

区画敷地

adf-web-magazine-polus-student-architecture-design-competition-3

区画敷地


pwa