建築家 隈研吾設計の「タカハマカフェ」が鳥取砂丘にオープン

鳥取砂丘の観光に最も便利な施設「鳥取砂丘会館」が、建築家 隈研吾が設計した「タカハマカフェ」を2022年8月20日にオープンする。建物は、鳥取県産材を活用し、耐震や耐火に強い直交集成板を採用。地上約9メートルの屋上がオープンテラスとなっており、砂丘の景色を見渡せる。地元焙煎のコーヒーから手作りクラフトコーラ、梨かき氷や梨シェイクなどの冷たい飲み物まで多彩なメニューを用意している。adf-web-magazine-kengo-kuma-takahama-cafe-2adf-web-magazine-kengo-kuma-takahama-cafe-1

adf-web-magazine-kengo-kuma-takahama-cafe-5

梨シェイク

オープンに先立ち、県知事や設計を手掛けた隈研吾が出席する竣工式を2022年8月5日に行う。

「タカハマカフェ」概要

住所鳥取県鳥取市福部町湯山2164(砂丘会館敷地内)
建物3階建、延床面積 約190㎡
収容人数約110人

pwa