さまざまな形状とサイズの窓が特徴的なBAAOアーキテクツによるシティキッズ

BAAOアーキテクツが手がけた”シティキッズ”はブルックリンのウィリアムズバーグにある新しい幼児教育センターだ。6つのプリスクールの教室は、大きな窓に照らされた中央の吹き抜けの集会スペースに面している。中廊下はレセプションデスクと収納カブを組み込んだ厚い壁が特徴で、教室の真ん中にはギャザリングスペースがある。

adf-web-magazine-education-center-baao-architects-1.jpg

Photo credit: Francis Dzikowski/OTTO

adf-web-magazine-education-center-baao-architects-7.jpg

Photo credit: Francis Dzikowski/OTTO

adf-web-magazine-education-center-baao-architects-13.jpg

Photo credit: Francis Dzikowski/OTTO

インテリアファサードのさまざまな形状とサイズの窓は、光が両方向、周囲のスペースに入るのを可能にし、子供と教師に視覚的なアクセスを提供している。教室は両開きのドアとバスルームやプレイシンクなどの共有スペースを介して相互接続されている。ハーフハイトの壁は、子供たちの視覚的なプライバシーと教師の監視機能を可能にする。

adf-web-magazine-education-center-baao-architects-8.jpg

Photo credit: Francis Dzikowski/OTTO

小学生向けの放課後プログラムには、レセプションエリアの階段を上ってアクセスする。開口部は中廊下に光と景色をもたらしている。ロッカーは街のスカイラインの形で中廊下のボリュームを包みこむ。料理、演劇、STEM、および移動のための専門教室は上部の廊下からアクセスできる。観覧席のあるラウンジはカジュアルな集まりの場を提供。さまざまなタイプとサイズのランプが吊り下げられ天井面をアニメーション化している。またグラフィック形状にカットされた音響フェルトパネルも視覚的な興味をそそる。

adf-web-magazine-education-center-baao-architects-14.jpg

Photo credit: Francis Dzikowski/OTTO

adf-web-magazine-education-center-baao-architects-10.jpg

Photo credit: Francis Dzikowski/OTTO

パンデミックによって電子および紫外線HVACフィルターやタッチレスセキュリティ、また換気の改善、すべての教室に光と空気をもたらすための操作式窓の追加が施された。

adf-web-magazine-education-center-baao-architects-2.jpg

Photo credit: Francis Dzikowski/OTTO

adf-web-magazine-education-center-baao-architects-3.jpg

Photo credit: Francis Dzikowski/OTTO

BAAOアーキテクツについて

BAAO アーキテクツはニューヨークを拠点に住民と構築された環境との間の進化する関係に適応する空間的および物質的な実践の探求に焦点を当てている受賞歴のある建築事務所だ。公共および民間部門で、ニューヨーク地域、地域、および国際的な一からの個人住宅、インテリア、および制度的および小売りプロジェクトを含むさまざまなプロジェクトに取り組んできた。同社は、ハドソン・カンパニーズやトリニティ・リアル・エステートなどのさまざまな個人および企業のクライアントや、中国の内モンゴル自治区の住宅ユニットの開発者と関わってきた。最近の受賞には、メイプルストリートスクールのAIAニューヨークとAIAブルックリン クイーンズデザインアワードの功績証明書が含まれる。投機的なプロジェクトであるクロマティックエナジー ランドスケープではアーキタイザー A +アワード に表彰されている。


pwa