歴史的な家の特長と現代の家族時間のコントラストがいきるアトリエバルダによる改修

アトリエバルダは、モントリオールのハンプステッド地区にある歴史的な家の後方拡張プロジェクトを完成させた。これには1927年に建てられたチューダー様式の家の改修が含まれていた。改修にあたり、歴史的特質を維持するために設計された非常に制限的な地区の規制の枠組みの中で、歴史主義と意図的な使用の間の微妙なバランスをとるという課題があった。

adf-web-magazine-renovation-tudor-style-home-atelier-barda-2.jpg

Photo credit: Maxime Desbiens

既存の家の内部の共有スペースは、かつてはその時代とその外部環境に適していたが、過度に分割されていたため、開放的な動きが制限され、自然光の透過が制限されていた。さらに既存の構成では大家族のニーズが必要とする寝室の数に対応できなかった。

adf-web-magazine-renovation-tudor-style-home-atelier-barda-9.jpg

Photo credit: Maxime Desbiens

アトリエバルダは、家の歴史的特徴を維持するためのコンセプトを提案した。それは歴史的要素よりも、より家と住民の親密な関係への移行を伴ったものだった。近隣の住宅のオリジナルデザインは、建築環境の正面ファサードに焦点を当てており、物件の後部エリアの開発の可能性にはほとんど重点が置かれていなかった。その意図に沿ってアトリエバルダは正面ファサードの設計原則を尊重し、維持し、窓の交換や改装された柱などの小さな変更のみを行った。

adf-web-magazine-renovation-tudor-style-home-atelier-barda-8.jpg

Photo credit: François Olivier-Gouriou

「これらの家の裏庭は、歴史的に前庭とファサードに二次的な役割を果たしてきました。ある意味で私たちのアプローチは、そのレトリックに対する批判ともいえます。」と建築家は語る。

舞台裏での作業

アトリエバルダのアプローチは、複雑な建築技術を駆使し、背面に面した鏡のような追加を作成した。家の裏側に取り付けられたこの追加部分は、正面ファサードの建築の完全性を維持し、その典型的な傾斜した屋根の視覚的な継続性を確保するため、東側で角度を付けてカットされた。新しい構造の北側も同様に傾斜しており、影を減らし、裏庭の日光を最大化している。

adf-web-magazine-renovation-tudor-style-home-atelier-barda-12.jpg

Photo credit: François Olivier-Gouriou

市の規制の枠組みが寛容である正面ファサードの視線の背後で作業することにより、材料の選択には大きな自由が与えられた。既存の構造の従来のアスファルトシングルとは対照的に、リアエクステンションのルーフにカスタムカットされた銅パネルの高貴さと機能性が選択され、銅の屋根の下で、設計チームは焦げた木のクラッディングを適用し、要素に対する自然な保護層を提供した。

adf-web-magazine-renovation-tudor-style-home-atelier-barda-11.jpg

Photo credit: François Olivier-Gouriou

プレイフィールドの平準化

包括的な設計計画により、大部分が十分に活用されていない物件の後部では、排水の問題を含め、造園に取り組む必要があった。チームは裏庭と家の高台の1階とのより直接的で親密な関係を築くため、新しく建てられたテラスからガーデンエリアにシームレスに移行する美しいカウンタースロープを選択した。家の東側に位置する新しいテラスは、新しく作成されたガレージの上にあり、3つの側面が半密閉されており、美しい斜面と裏庭エリアを眺望する後ろ向きの開口部がある。

adf-web-magazine-renovation-tudor-style-home-atelier-barda-3.jpg

Photo credit: Maxime Desbiens

現代への移行

新しくデザインされたエクステンションの内部は、家の歴史的な魅力と家族の時間と生活の進歩を反映して、コントラストの流れに焦点を当てていた。先祖代々の家具で任命されたオリジナルのデザイン要素と部屋は、360平方フィートの拡張のモダンな雰囲気と意図的に対照的であり、家の住民の個人的な成長を象徴的に体現している。家のキッチンとダイニングエリアは新しい拡張機能が移植され、洗練されたテラゾスタイルのコンクリートの床、白い壁、高い天井が特徴の非常に現代的なオープンスペースになった。新しく作成された天窓から自然光が入り込み、広々とした空間を照らす。

 adf-web-magazine-renovation-tudor-style-home-atelier-barda-5.jpg

Photo credit: Maxime Desbiens

adf-web-magazine-renovation-tudor-style-home-atelier-barda-4.jpg

Photo credit: Maxime Desbiens

「このプロジェクトは、家の歴史的本質と隠れ家的な要素を尊重しますが、家族に”今"をもっと助長する雰囲気を提供します。それは両方の長所を取り入れており、家の裏側は今や庭の景色を望むモダンでカジュアルな空間としての目的を新たにしています。」と建築家は結論付けている。

adf-web-magazine-renovation-tudor-style-home-atelier-barda-1.jpg

Photo credit: Maxime Desbiens

adf-web-magazine-renovation-tudor-style-home-atelier-barda-14.jpg

Study model by Le kutsch
Photo credit: Atelier Barda

アトリエバルダについて

2013年に設立され、カナダのケベック州モントリオールを拠点にする建築事務所。すべてのクライアントとすべての新しいプロジェクトが独自のアプローチを指示する、という概念に基づいた方法論を持つ。提案は常にプロジェクトのコアニーズとコンテキストへの詳細な応答で満たされ、望ましい結果を強化、または再定義、および改善するため、既成概念にとらわれずに行われる。専門知識は、国境を越えて複数の国際的なコラボレーションを網羅している。プロジェクト管理と実験に重点を置くことを含む同社の革新的な仕事は、カナダ、米国、およびヨーロッパでの数々の業界の称賛を通じて認められている。


pwa