スタンダード・デザイン22点の「まわりにあること」を紹介

公益財団法人日本デザイン振興会は、最新のグッドデザイン・ロングライフデザイン賞受賞作を紹介する企画展「ロングライフデザイン賞2021 もののまわり」を2021年12月23日(木)から2022119日(水)までグッドデザイン丸の内で開催する。

adf-web-magazine-long-life-design-award-2

「もののまわり」展では、2021年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞した22点のデザインを出展・紹介。グッドデザイン・ロングライフデザイン賞は、長年にわたって人々の支持を受けて活躍し続ける デザインに贈られる賞。対象となるデザインは、商品・建築・コンテンツ・サービスなどとなる。時代の変化とともに次々と新しいデザインが生まれてくる中でも、変わらずに愛されるデザインには理由がある。

adf-web-magazine-long-life-design-award-1

アディダスオリジナルス スタンスミス

adf-web-magazine-long-life-design-award-5

ボールグリップドライバー

adf-web-magazine-long-life-design-award-6

ほぼ日手帳

adf-web-magazine-long-life-design-award-9

スノーピーク 焚火台

adf-web-magazine-long-life-design-award-3

バルミューダ ザ・グリーンファン

adf-web-magazine-long-life-design-award-10

和光のショーウインドウ

adf-web-magazine-long-life-design-award-7

日立製作所+ 東日本旅客鉄道 異常時案内用ディスプレイ

今回の企画展では、受賞デザインの展示とともに、「もののまわりを明らかにする」視点に立って、そのデザインが長年にわたって存在し続けている理由や、そのデザインによりもたらされたことなどを、独自の取材に基づいて、展示とタブロイドペーパーにより紹介する。

グッドデザイン・ロングライフデザイン賞とは

adf-web-magazine-long-life-design-award

長年にわたってユーザーから支持されている商品・建築・コンテンツ・サービスなどに贈られるグッドデザイン賞。スクラップ・アンド・ビルドが多い日本において、時代や流行の変化によらず、これまで長く人々に愛され、今後も変わらずに生き続けると考えられるデザインの価値をた たえるとともに、そのつくり手を顕彰する。1980年の開始以来、数多くのスタンダード・デザインの銘品に贈られてきた。

「ロングライフデザイン賞受賞展」概要

会期2021年1223日(木)~2022119日(水)
開場時間帯11時~20
休館12月29日(水)~202217日(金)
会場グッドデザイン丸の内(GOOD DESIGN Marunouchi)
住所東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1
企画公益財団法人日本デザイン振興会
URLhttps://bit.ly/31WVTi1

pwa