≫ 建築

ADFWebMagazine_sesession_10

ゼツェッションとユーゲント・シュティールと

2018年の100年前、1918年(大正7年)は第一次世界大戦の終焉した年であり、オーストリアのウィーン・モダニズム(世紀末芸術)の立役者4人の没した年でもあった。画家のグスタフ・クリムト(Gustav Klimt)、エゴン・シーレ(Egon Schiele)、建築家のオットー・ワーグナー(Otto Wagner)、デ... 続きを読む
ADF181202BK02

成リ駒

将棋の終盤、駒が敵陣地のある領域に入ると駒はひっくり返り強くなる。持ち合わせていた動きに加えて強くなるものや、全く変わるものもあれば色々である。これらを成り駒と言い、ほとんどの駒は戦場で経験とともに昇進する。 「今度のコンペはお前がやれ。実力をこのコンペで証明しろ。」 要項を読み終わり、最初の会議の最初の一言だった... 続きを読む
659. Wrightwood 659, Chicago, IL. A new exhibition space designed by Tadao Ando © Jeff Goldberg-Esto

シカゴアートシーンVol.3

安藤忠雄(Tadao Ando) Wrightwood 659オープン  12月になり、今年も残すところわずかになってきました。シカゴでは11月早々に雪が積もり、最近では夜も氷点下になるくらい寒さが厳しくなっています。シカゴの緯度は北海道は函館に近いですが、Windy Cityと呼ばれるだけあり、風が強いので冬の体感... 続きを読む
ADFWebmagazine_reichstag_03

ロンドンとベルリンとフォスターと

 東京の設計事務所で働いていた頃、所長によく言われていた言葉がある。 「たくさんある建築を見に行くこと。有名な絵画は向こうから来る可能性がある。でも建築はそうはいかない。」 建築は、読んで字のごとく不動産である。向こうから来てはくれない。自分から出会いに行かなくてはならないのだ。 そして、空間芸術でもある建築は、... 続きを読む
COLUMBIA CIRCRE1

上海「COLUMBIA CIRCRE」

你好。中国の広州在住で広告作りや音楽家として活動している、めいりんです。 今回は、上海で撮影中に上海在住の人に教えてもらった新しいスペースを紹介します。上海は新旧、西洋東洋の建築が美しく混ざっている街で、歩いていると、ここがどこなのか忘れてしまう、そんな不思議な場所です。 1849年から1946年のほぼ100年に渡... 続きを読む
ImaginaryLine

イマジナリーライン

イマジナリーライン(imaginary line) ビリヤードをする時に自分の手玉を撃ち、複数の的球が反射し、ポケットに落ちていく想定線のことを言う。プロになればこれらの線に色がついたり、太くなったり、カチッと音としてハマるものが脳裏で聞こえてくる。 コンペをする時僕らは多くのコンサルタントをつけて進んでいく。構... 続きを読む
Milan_Italy

ミラノ建築家財団&協会との提携

青山デザインフォーラム(ADF)はミラノ建築家財団 (Fondazione Ordine degli Architetti P.P.C Della Provincia di Milano)と建築家、デザイナーの交流に間する業務提携書に調印をいたしました。これにより、日本、イタリアの建築家およびデザイナーの育成、社会的地... 続きを読む